タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道博物館

・・・と思ってたら前回の投稿からあっという間にもう1ヶ月近くが経っているという。

ヒマなときはネタがないし、忙しいときは書けないし・・・ってこれじゃ続けてる意味ないですね。

なので1ヶ月前のネタを。

大宮の鉄道博物館に初めて行ってきました。

CA392099.jpg

夏休み、僕以外の家族が青森の親戚の家に長期滞在することになり、そのお見送りがてら新幹線の待ち時間にふらっと立ち寄ったのです。

CA392111.jpg ←何このモデル立ち!

正直、神田の交通博物館のほうがエキサイティングでした。
狭い敷地に鉄道以外の乗り物も、ギュッと凝縮されて展示してあったので当然と言えば当然ですが。

CA392097.jpg

キレイで広いんだけど、それだけ、っていう感じ。
こういう過去の遺産、それもパーツにばかり目がいってしまう。

CA392098.jpg

シュミレーターとかも予約しないと遊べないものとか、ふらっと行ってちょっと遊べるって雰囲気がなくなってしまったようで残念に感じました。

CA392106.jpg

まぁ、2時間もいなかったし、子どもが鉄道から興味が離れて久しいから(実はこれは大きい)、正当な評価は出来ないというのはあると思います。

CA392113.jpg

唯一、線路のすぐ脇の立地ということもあって、食堂のガラス張り窓から宇都宮線などが走るのがすぐ目の前、という仕掛けは良いのですが・・・やはりもう少し展示方法で頑張って欲しかった。鉄道模型のデモンストレーションも、広すぎてよくわからなかったし。

また行くか?と問われれば、ちょっと複雑です。

CA392095.jpg

そんな、1ヶ月前の思い出です。

・・・疲れてるな。
スポンサーサイト

軽井沢から横川へ

先週から今週にかけては、怒涛のごとくの毎日。
主に仕事がハードだったのがその理由だが、それはそれとして、先週末は8歳離れた実の妹の結婚式だった。

797833.jpg
緑まぶしい軽井沢の教会で。生意気だぞコンチキショウ。(顔がわからないようにわざと画像を小さくしてあります)
両家族・親戚と、ごく親しい友人のみでのささやかな式だった。幸せになれよ~


・・・とまぁ、この話題はだらりと流して。

現地に一晩泊まった 「鉄」分の多い我が家は、迷わず「碓氷峠鉄道文化むら」へと直行。横川駅に隣接し、惜しまれつつ廃線となった信越本線・横川~軽井沢間の資料を展示する施設とともに、家族で楽しめる鉄道のテーマパークだ。
IMG_0421.jpg

私、私の父、息子、甥っ子、姪っ子みな大喜びで、女性陣苦笑い。そんな光景が延々と。
IMG_0454.jpg

IMG_0448.jpg
新鮮な空気と太陽をいっぱい浴びながら屋外に野ざらし展示される古い車両たちの、なんと美しいことよ。

IMG_0438.jpg
まだ行ってないから確かなことは言えないけど、鉄道博物館のような薄暗い屋内展示よりも数段魅力的な気がする。

IMG_0434.jpg
こんな鉄のカタマリが電気の力で動くというのが、未だに信じられない。

IMG_0492.jpg
ここでは、事前に予約を取って1日講習を受ければ、本物の電気機関車(EF63)を運転させてくれる。ただし、講習を受けた当日は運転できないそうだし、講習料として30,000円必要だ。
ジャンパ栓いっぱーい!

IMG_0493.jpg



横川と言えばコレ、おなじみの峠の釜めし。
IMG_0451.jpg
昔食べたものより、現代向け?に味付けが変わったような気がする。


IMG_0469_20080614221624.jpg
この、ジオラマのような横川から、再び峠を超えて軽井沢に向かう鉄道が復活する日を願って・・・

さようなら かしまてつどう

きのうのことですが、ぼくとおとうさんとおじいちゃんの3にんで、
こんげついっぱいではしるのをやめてしまう「かしまてつどう」に
のってきました。

IMG_4389.jpg
まずは「うえの」にいって「すーぱーひたち」にのりました。
くーらーのせいでひえたのか、ぼくはちょっとおなかがいたくなって
しまいました。


IMG_4407.jpg
「かつた」えきで「いばらきこうつう みなとせん」にのりかえます。

「なんでかしまてつどうにのらないの?」とぼくがきくと、おじいちゃんが
「だって、せっかくだからいっぱいのりたいだろ?」といいました。
わけがわかりませんでした。


IMG_4437.jpg
30ぷんほどでしゅうてんの「あじがうら」につきました。
いい「あじ」だしてます。


IMG_4434.jpg
ぼろぼろのしゃりょうもとまってます。
さわるとおとをたててくずれそうです。


「うみまであるいて5ふん」とかんばんにかいてあったので、いって
みることにしました。


IMG_4438.jpg
うみにいくとちゅう、このみんしゅくのまえでおとうさんがわらって
いました。「たいえもん」というそうですが、なにがおかしいのか
ぼくにはわかりません。


IMG_4456.jpg
なんかくやしいのでとりあえずいしをうみになげました。


IMG_4465.jpg
そろそろおひるごはんのじかんです。
えきのほうにもどって、いっけんだけやっているおすしやさんに
はいりました。ほんとにいっけんだけなんです。


IMG_4464.jpg
おすしは、とてもおいしかったです。おとうさんとおじいちゃんは
ひるまからおさけをのんで「ぜいたくだなー」となんどもいって
いました。
ぼくはおれいに「おすしきかんしゃ」のえをかいて、たいしょうに
あげました。よろこんでくれてよかったです。


おすしをたべたらもういちど「みなとせん」にのって「かつた」まで
もどり・・


IMG_4505.jpg
「みと」までひとつだけじょうばんせんにのって・・


IMG_4510.jpg
こんどは「かしまりんかいてつどうせん」の「おおあらいかしません」に
のりかえました。
もう、なにがなんだかわからないよー


IMG_4515.jpg
みとからしばらくは、「こうかせん」のうえをはしります。
ぽかぽかあったかくてねむくなってしまいました。


IMG_4536.jpg
「しんほこた」でおりて、こんどこそ「かしまてつどう」のえきに
むかいます。
「ほこた」えきはちいさいのに、ぼくたちとおなじように「かしてつ」に
のりにきたひとでいっぱいでした。おじいちゃんはえきのなかでたいやきを
かうのになんぷんもならんでくれました。


IMG_4542.jpg
ほーむには「がんばれかしてつ」「かしてつをすくえ」などとこどもたちの
かいたえや、ぬのがはってあります。みんなにしたしまれてきたてつどうが
はしらなくなっちゃうのは、とてもかなしいとぼくもおもいます。


IMG_4547.jpg
そのうちにれっしゃがほーむにはいってきました。
みどりいろの「きは431」でした。おとうさんとおじいちゃんはうれしそうに
してしゃしんをとっていました。


「きは」とは、でんきでうごくのではなく、とらっくなどとおなじように
あぶらででぃーぜるえんじんをうごかしているそうです。だから「でんしゃ」
ではなく「きどうしゃ」とよぶのがただしいそうです。
どっちだっていいじゃないか、とぼくはおもいました。


IMG_4553.jpg
あかいれっしゃとつながってはしります。とてもかわいいです。


IMG_4559.jpg
たいやきをたべながらのりました。
ふるい「きどうしゃ」だからなのか、ぴょこぴょことはねるようなのりごこち
でした。ぼくは「みんなで だんす しているみたいー」とおもいました。


IMG_4574.jpg
まどからは「かすみがうら」と、とおくに「つくばさん」と、かしてつの
しゃしんをとる「とりてつ」がみえました。しゃしんとてつどうがだいすきな
ひとだそうです。おとうさんとおじいちゃんも「とりてつ」なのかなーと
おもいました。


IMG_4579.jpg
しゅうてんの「いしおか」につくと、ほーむのわきに「きは600がた」が
とまっていました。いまから70ねんもまえにつくられたしゃりょうだそうです。
おじいちゃんよりもおじいちゃんだー


IMG_4583.jpg
かえりは「いしおか」から「うえの」まで「ふれっしゅひたち」にのって
かえりました。


IMG_4593.jpg
「うえの」についたら、すこしこうえんをさんぽしました。さくらがきれいに
さいているからです。
くらいじめんにくろっぽいふくをきたおじさんたちがいっぱいすわっていました。


おとなたちはどうしてこんなこわいところがすきなんだろう、とおもいました。
おさけのにおいがひどかったので、きもちわるくなるまえにおうちにかえりました。


IMG_4601.jpg

車両撮影会

だからどうした?的記事パート2。

ちょうど先週の土曜日のハナシですが(もう一週間経っちゃったか・・早いな)。

img068.jpg
よく利用する東京メトロ・有楽町線の「新型車両撮影会」があるというので、新木場の車両基地
まで行ってみた。


IMG_8807.jpg


この手のイベントに行くのは初めて。もうウチの息子はほぼ鉄道から興味が薄れているので、
私の、特に思い入れがあるわけでもない、単なる好奇心のみで行ってみたのだが。


IMG_8827.jpg
人いっぱい。
会場限定発売のお弁当(新型車両の形をした箱に入ってる)を買うための行列も
「もういま並ばれても既に売り切れてまーす!」との声にも係わらず、列を離れない人が多い。
鉄っちゃんはみな、お腹が減っているのだ。


DSCN8233.jpg
で、これが新型息子・・じゃなくて車両の10000系。サイドからみると流面形になっているのが
特徴。普通に写真が撮れないお年頃。なにもそんなオッサン顔しなくても。

IMG_8865.jpg
どうしてもこの昭和時代産の車両のほうに興味がいってしまう。手前から7000系、07系、10000系。
間に挟まれた07系は、東西線に転属となるそうだ。


IMG_8873.jpg
こういう世界もあります。


こんなこともあった。
僕が台車部分の撮影をしていると、隣りになんだか妙にニヤニヤした若い男が近づいて来て
腕組みしながらしばらく僕の撮影ぶりを眺めている。
うわー、勘弁してくれよーというくらいの長い時間が流れた頃合いに、彼が話しかけてキタ!

「あのぉ~、電車とかが好きで、あの・・撮影とか・・されてるのですよにぃ?」

にぃ?って(笑)。
ええ、まぁ、と軽く返事をしたのだけど、その後に更に言葉を切り出される危険性を感じたので
素早くそこを退散せざるを得ず・・。ザッツ・ワンダーランド。


IMG_8895.jpg
会場には警察・消防の車両展示や電車の部品(パンタグラフなど)の展示、子ども向けのミニ鉄道
など、随所にゆったりとした時間を無理矢理満喫できるように工夫がなされている。


img067.jpg
で、冒頭に掲載したチラシの裏はスタンプ台紙にもなっていて、有楽町線の6駅にあるスタンプを
すべて集めると・・


IMG_8899.jpg
会場で色鉛筆の景品がもらえる。これはこれで可愛いのだけど、要は地下鉄とバスを乗り継ぎ50分
ほどかけてこの色鉛筆を買いに行ったような、そんな素敵なイベントでした。

そして、なんでかしらないけど機嫌を損ねたカミさんももれなく(?)ついてきます。
皆さんも気軽に参加しないようにね!

タダ働き

CIMG7460.jpg

息子のプラレールの300系新幹線に、ヘッドライトをつける小改造を施す。


CIMG7455.jpg
ボディ裏側からムギ球を貼り付けて、電池ボックスにコードをハンダ付けして


CIMG7462.jpg
はい、出来上がり!



・・と思えば、


CIMG7482.jpg
父の持つ、ドイツの電気機関車のNゲージ。


CIMG7481.jpg
「パンタグラフが壊れたよぅ、直してくれい」との要請が。


CIMG7483.jpg
修理完了。模型屋に転職しようかな(天の声:逃げるな)。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。