タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丹波のイルミネーション

新年明けての最初のエントリは、少しばかりメルヘンチックな(?)写真でも。

最近、発光ダイオードの価格が下がったせいか、冬になるとイルミネーションを灯す家が増えましたね。
先日、仕事で取材に出かけた奥多摩で、大丹波(おおたば)と言う山間の小さな集落でイルミネーションを住民がこぞって飾っているとの話を聞き、宿にチェックインする前に見に行ってみた。
(注:このエントリは、画像クリックで拡大するようにしました。あと、この日は三脚を持ち合わせていなかったので、ブレている画像もあります、ご了承ください。)



0801024191.jpg



0801024225.jpg



0801024203.jpg



0801024184.jpg



0801014193.jpg



0801024234.jpg



0801024248.jpg



0801024213.jpg



なんか、ものすごいことになっていた。
最後の一枚なんか、山の中腹に設置されていて、高さ50メートルもあるんだそうですよ。
ああ、素朴で味わい深い大丹波の山村がまるでネズミーランドのように・・・いやいや、そこに住んでおられる方々にとっては少しでも自分たちの集落が活性化するようにと一生懸命なんでしょうが。
でも、失礼ながら経済効果って言ってもたかが知れてるでしょうし、なんか・・・もうちょっとどうにかなんないのかなぁと(大きなお世話でしょうが)個人的には感じてしまう。



0801024300.jpg

翌朝、宿の窓からの、霜で白っぽい景色。都会ではなかなかお目にかかれない。


0801024302.jpg

自然の造形物の美しさといったら。



参考:大丹波イルミネーション公式HP
スポンサーサイト

ぶらり奥多摩

0711263503.jpg
息子を連れて、久しぶりに奥多摩へドライブ。



0711263514.jpg
御岳渓谷の周辺は、まだ紅葉が楽しめる。



0711263529.jpg
朝陽に映えるモミジを満喫。



0711263532.jpg



0711263526.jpg




0711263547.jpg
奥多摩フィッシングセンターというマス釣り場まで来ると・・・



0711263552.jpg
・・・案の定、子供が「魚つりした~い」。
渓流釣りはテクニック、時間、料金ともそれなりに要求されるので、
小さな子供はお手軽な釣り堀で。
釣り上げたら一匹300円で買い取らなければならない。

3匹釣り上げたところで、携帯電話が鳴る。
実はこの日、友人2人が奥多摩へ行くというので僕らも便乗させてもらったのだ。
tkst氏がもう待ち合わせ場所に到着しているらしい。が、もう1人は寝坊したとのこと。
そそくさと待ち合わせ場所の奥多摩湖へと向かう。



0711263581.jpg
寝坊したtktk氏も遅れて合流。彼らはバイク乗りである。



0711263584.jpg
奥多摩湖の駐車場には、週末ともなれば様々な乗り物がやって来る。
これもその一台。車種を言い当てられますか?



0711263586.jpg
トライホーク(TRIHAWK)という、3輪車なんだそうな。
ハーレーのステッカーが貼ってあったけど、詳細はわかりません。



0711263588.jpg
フロントにはブタちゃんのアクセント。



0711263592.jpg
とりあえず昼飯でも食べよう、ということで少し走って陣屋へとご案内。
ところが店の外にも行列が。あれっ、ここってこんなに人気あったっけ?



0711263599.jpg
結局並び始めてから30分以上かかってようやく昼食にありつく。
そば定食1400円也。んー、こんなにしたっけ?
どうやらガイド失格。



0711263601.jpg
その後、色んなものから解放されたい大人たちは周遊道路を駆け上がる。
当たり前だけど週末で交通量も多いから、必ずしも快適な運転とはいかない。

ライダーたちは、まだまだ走り足りないらしく・・・



0711263604.jpg
再び山の中へと吸い込まれていった。



0711263605.jpg
ウチのお坊っちゃまは、とにかく温泉に入れればご満悦さ。
檜原村の、数馬の湯。大人800円。露天風呂が寂しく、お湯も魅力薄し。



0711260568.jpg
家に帰ってから、釣ったマスを塩焼きにする。
見栄えはすこぶる悪いけど、美味しくいただきました。

えんそく

きょうわ、おとうさんおかあさんと、えんそくにいきました。
おとうさんわ、ほんとうわもっとたかいやまに のぼりたかったみたいだったけど
ぼくが おうちをでるまえに ちょっとないてしまい おそくなってしまったので
はんのう というちかくのおやまと みやざわこという みずうみにいくことになりました。


IMG_0194.jpg
いくときわ いつものきいろいせいぶせんじゃなくて、よんせんけいという
さんがくくかんを あんぜんにうんてんするための よくそくぶれーきつきはつでんぶれーきも
そなえ かんれいちたいさく、といれ、はんじどうしきのどあ などのかいてきそうびをもつ
しろいでんしゃにのっていくことになりまst。


IMG_0209.jpg
はんのうのまちわ とてもしぶくて あじわいぶかいたてものがならんでいました。
しょうてんがいを あるいていたら らじおたいそうがながれてきて、あちこちのおみせから
おじさんおばさんがでてきて おみせのまえでたいそうをしていました。ぼくもまけずに
たいそうしました。


IMG_0229.jpg
てんらんぜんという ひょうこう2ひゃくめーとるもない ひくいおやまにのぼりました。
でもぼくはなんども「つかれたー」といってしまいました。


IMG_0216.jpg
こうよう にわまだはやかったようです。


IMG_0252.jpg
5きろほどあるいたら かーとという くるまのれんしゅうじょうのうらにでてきて
みやざわこにつきました。
ふたりのりのかーとがあったので かえるまえにぼくものせてとおとうさんにいいましたが
ちょうどばすがくるじかんだったので のせてもらえませんでした。
たしかに 1じかんに1ぽんのばすなので おとうさんのいうことも わかるのですが
たぶん3周でせんごひゃくえん、10周で3ぜんえん というおかねをはらうのがいやだったんじゃ
ないかな とぼくはおもいました。


IMG_0255.jpg
みやざわこでわ ぼーとやつりができます。りょうほうともやりたいといいましたが
おとうさんはたぶん おかねが・・・(いか、りゃく)。


IMG_0286.jpg
そのかわりといってわなんですが ちいさなどうぶつえんに いきました。
ここには なぜかくやしそうな やぎさんと


IMG_0296.jpg
なぜか れたすに まっしぐらな かめさんと


IMG_0302.jpg
なぜか なかのわるそうな ぶたさんたちがいて おもしろかったです。


ぼくわ やまのぼりがきらいですなぜならのぼりがつかれるからです。
くだりはすきです。くだりははしってしまいます。
あと、しらないひとと なんかいも こんにちわと あいさつするのがおもしろかったです。
IMG_0325.jpg


ぼくわおんせんがだいすきです。ろてんぶろがだいすきだからです。きょうもろてんぶろに
はいりたかったのに はいれずにないてしまいました。
そこでおとうさんがかえりに おうちのちかくの せんとうにつれていってくれるというので
それで てをうつことにしました。とてもきもちかったです。おわり

(*一部、フィクションが含まれています。・・全部か?)

丹波山で釣り(ごっこ)

石神井公園で妥協した翌日の日曜日、やっぱり奥多摩に遊びに行くことに。
天気は曇り時々雨だったが、ひどくなることもなく楽しく過ごせた。
朝8時に家を出発、関越~圏央道を経て10時前には奥多摩湖に到着。


DSCN7851.jpg
湖に架かるドラム缶橋。橋の先に続くのは三頭山への登山道。


週末、湖畔の大麦代駐車場には色々なクルマ・バイクが集まる。

DSCN7838.jpg
この日、目立っていたのはホンダS800クーペの2台。改めてその小ささに驚く。


DSCN7843.jpg
クルマの下にはウサギが・・・野生なのかどうかは不明。


DSCN7866.jpg
今回ひとつめの目的はこれ。マス釣り。
写真の渓流釣りは、マス10匹で3,000円。ヤマメだと7匹で3,000円。
養殖したものを放流するのだ。

しかし、こちとら釣り初心者、10匹全てを釣り上げるには相当な時間がかかりそうなので・・・

DSCN7857.jpg
お手軽な「池釣り」を選択。マス一匹あたり250円。貸し竿200円、餌(イクラ)代200円。
当然、針を垂らせば即喰いついてくる。クチボソとは明らかに違う手応えを楽しみつつ。


DSCN7855.jpg
5匹ほど釣って・・・


DSCN7873.jpg
その場で炭火で焼いてもらい(1匹あたり50円)、待つこと40分。


DSCN7878.jpg
美味しくいただきました。


DSCN7884.jpg
ふたつめの目的はコレ、日帰り温泉「のめこい湯」。
源泉44℃で硫黄臭もあり、ヌルッとしたお湯で結構気に入っている。


DSCN7897.jpg
その後、「日本一のローラーすべり台」で遊ぶ。一応、村営の施設。階段を5分ほど登って
ウレタンマットに乗って滑る。子供は大喜び。大人は・・・疲れた。

わくわく小動物ランド

昨日の記事にいただいたコメントを、リクエストと勝手に解釈して
今日は奥多摩の家の中や外にいたお友達を紹介しよう。
画像をクリックすると少しだけ大きいやつが表示されますが、気持ち
悪かったらごめんなさい。

まずは、軽くジャブ。
kamakiri.jpg
誰がどう見てもカマキリです。なんか、人間っぽくて憎めない。ある晴れた昼間、縁側で昼寝してたら、顔の横に飛んで来た。


tentoumushi.jpg
寒くなってくると、あちこちのすき間から家の中に入り込んで、集団で暖をとっているちゃっかり者。指で捕まえようとするとツルツル滑るので、ガムテープでくっつけるのだ。


mukade.jpg
リクエストいただいたムカデ。天井の板のすき間や畳のへりから突如あらわれる。昼寝していて足の指を噛まれたことがある、憎きヤツ。


snake.jpg
ヘビ。夜、家に帰って来たら玄関の中にいた。マムシかと思って焦ったが、頭が細くてまだら模様がなかったのでシマヘビだろう。火ばさみで頭を挟んだら、あっという間に巻き付いてきた。


yamabilu.jpg
これは撮り方も気持ち悪いなぁ。ヤマビルという大きなヒル。鮮やかなオレンジが眩しい。


rat.jpg
ネズミ。天井裏を台所を押し入れを我が物顔で走る回る憎っくき宿敵。流しにしかけておいた粘着式の罠にかかったところ。よく見ると足元が泥だらけ。うえ~。モグラに似てなくもない。


monkey.jpg
ニホンザル。もちろん野生。石垣の上に腰掛けて、畑から失敬してきた野菜をかじっている。
サルはなぜか日曜の朝によく群れになって現れたっけ。ウチのすぐ裏からもう山林だし集落の一番高いところに建っているから、見晴台のつもりだったんだろう。こっちが追い払うまでいつまでも屋根の上にいた。

この他にも、シカやイノシシ、ムササビも目撃したことがある。とにかく楽しい家だった。

余談ながら女房は別にこういった虫や小動物は、それほど嫌がっていない。そもそも嫌いだったらまず住めないし。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。