タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波山で釣り(ごっこ)

石神井公園で妥協した翌日の日曜日、やっぱり奥多摩に遊びに行くことに。
天気は曇り時々雨だったが、ひどくなることもなく楽しく過ごせた。
朝8時に家を出発、関越~圏央道を経て10時前には奥多摩湖に到着。


DSCN7851.jpg
湖に架かるドラム缶橋。橋の先に続くのは三頭山への登山道。


週末、湖畔の大麦代駐車場には色々なクルマ・バイクが集まる。

DSCN7838.jpg
この日、目立っていたのはホンダS800クーペの2台。改めてその小ささに驚く。


DSCN7843.jpg
クルマの下にはウサギが・・・野生なのかどうかは不明。


DSCN7866.jpg
今回ひとつめの目的はこれ。マス釣り。
写真の渓流釣りは、マス10匹で3,000円。ヤマメだと7匹で3,000円。
養殖したものを放流するのだ。

しかし、こちとら釣り初心者、10匹全てを釣り上げるには相当な時間がかかりそうなので・・・

DSCN7857.jpg
お手軽な「池釣り」を選択。マス一匹あたり250円。貸し竿200円、餌(イクラ)代200円。
当然、針を垂らせば即喰いついてくる。クチボソとは明らかに違う手応えを楽しみつつ。


DSCN7855.jpg
5匹ほど釣って・・・


DSCN7873.jpg
その場で炭火で焼いてもらい(1匹あたり50円)、待つこと40分。


DSCN7878.jpg
美味しくいただきました。


DSCN7884.jpg
ふたつめの目的はコレ、日帰り温泉「のめこい湯」。
源泉44℃で硫黄臭もあり、ヌルッとしたお湯で結構気に入っている。


DSCN7897.jpg
その後、「日本一のローラーすべり台」で遊ぶ。一応、村営の施設。階段を5分ほど登って
ウレタンマットに乗って滑る。子供は大喜び。大人は・・・疲れた。
スポンサーサイト

石神井公園で釣り

DSCN7780.jpg

何年かぶりに魚釣り。息子にとっては初めての経験。
フナ、鯉などがいるのだが、今日の釣果はクチボソ3匹。体長およそ4~5cm。
まぁこんなもんでしょうな(笑)。

しかし公園前の釣具屋で買った釣り具の針が、もう少し小さくて「返し」があるものであれば、
もっと釣れたと思う。赤虫を針につけて糸を垂らせば入れ食い状態なのだが「返し」がないため
引っ掛かってくれない。そのため、引きに合わせて釣り上げても、陸に上げるまでに逃げられて
しまうのだ。ま、だから完全に釣り上げた時の喜びも大きいんだけど。

石神井公園、派手さはないけど釣りもできるしボートも漕げるし駐車場も有料だけどあるし
のんびりするにはいい所です。

アオカナブン アオドウガネ

※{追記:8/22 10:37 このエントリに掲載した昆虫は「アオカナブン」ではなく「アオドウガネ」
でした。お詫びして修正します。}


出先の道ばたに、一匹の宝石が落ちていた。
その名はアオカナブン アオドウガネ。

見た目があまりにキレイなのと、かなり弱っている様子で「このままじゃ、どうせ・・・」と
いう勝手な思いこみにより、家に連れ帰ることにした。Yシャツの胸ポケットに入れて(笑)。

帰宅して子供の虫かごに入れてナシの皮を与えてみたら、まーよくなめることなめること。

 「いやー、ホンマ助かりましたわ。東京の暑さっちゅうもんはこたえますわ~。
  このご恩は一生忘れまへん。おおきに!」

と関西弁で言ったかどうかもわからないが、捕まえた時はほとんど動かないほどだったのに
たった数時間で羽根を広げて飛ぶ素振りを見せるまでに回復した(たぶんね)のでひと安心。


で、食事と一晩の宿賃として、撮影モデルになってもらうことにした。
EOS Kiss Dgitalと手持ちのマクロレンズで。
元気になったぶん、動き回ってブレやすいので苦労した。



IMG_8128.jpg
どうです、キレイでしょ?



IMG_8110.jpg
CGのテクスチャーでこの重厚感と深い色が出せないでしょう。



IMG_8127.jpg
見る角度や照明によってこんな風に色が変わるのが、惹かれた理由。



IMG_8124.jpg
お尻フェチの方に。


ムシが嫌いな方と、これ見て一眼レフデジカメが欲しくなっちゃった方、ごめんなさい。
「カナブンなんて、喰うほどあるよ」とかなんとか言って、送りつけるのもお断りしておきます。

明日、近所の公園に逃がしてやります。

レジンキットその1

グランデ・プントのレジンキットを作る。
・・と言っても、今日は序の口なので出来ることは限られている。

まずは一番大切な、ボディをよく観察して出来をチェックする。
致命的なゆがみなどは無さそうだが、実車の写真と比べると特にフェンダーあたりの
ラインが甘い。ただしこれを追求し過ぎると泥沼にハマる可能性があるので、適度に
処理する(安易な妥協とも言う)つもり。


IMG_8023.jpg
次に目障りなバリをナイフやサンドペーパーで削り落とす。
調子に乗って削り過ぎることがないよう、割と慎重に。


IMG_8022.jpg
シャシー側の余計な出っ張りも削り落とす。


IMG_8024.jpg
Aピラーの三角窓が埋まっていた。ナイフで何度か切り込みを入れて貫通させる。


IMG_8026.jpg
・・かと思えば、フェンダーハウスの奥が極限まで薄くなって穴が開いている。
これはパテで埋めなきゃならない。


IMG_8029.jpg
ボディ裏のサイドスカートにあたる部分に、ごく小さな気泡による「欠け」ができていた。


IMG_8030.jpg
これくらい小さいものだと、瞬間接着剤を流してパテ代わりに固めたほうが簡単。
完全に硬化してから平らに削ってやる。

さて、次回はいつになることやら・・・。

一心軒

江古田の「一心軒」にてらーめん600円也を食す。
060816.jpg

正直言ってスープが油っこくて好きになれなかった。

グランデプント、購入

よせばいいものを。




今のELXだって充分楽しいっていうのに。




気になっていた、新型プント。




もちろん、かなり迷った。




1秒くらい。




買いましたよ、一括払いで。




名古屋のラクーンオートさんで。




DSCN7554.jpg
1/43レジンキットを。税込6,993円。


DSCN7556.jpg
買ったのは、グランデプントのS2000仕様のラリーカー。ラリー・ミッレミリア出場車。


DSCN7558.jpg
中身。ボディとシャシーはレジン樹脂だが、あとの細かいパーツはホワイトメタル。


000.jpg
うまく完成すれば、こんな風になるハズ。


こんなオモチャを買ってしまって、本業の方に支障がないかどうか、そもそも本人自体が不安なのであるが、あくまでも仕事を早く片づけるための起爆剤、たまーにこういう細かい作業をしたくなるのよ(誰への言い訳?・・笑)。


毎日更新とはいかないけれど、少しづつ載せていきます。

夏らしい休み

家族と両親、姉の家族とで福島は裏磐梯まで旅行に行って来た。
DSCN7365.jpg
総勢9名の大所帯なので、クルマ2台に分乗。幸いお盆休み前で行き帰りとも道路の渋滞には遭わず。
ただ、サービスエリアのガソリンスタンドには長い列ができていた。高速道路のスタンドのガソリン料金は、過当競争を避けるために前の月の全国平均から決められるそうで、最近の市場価格からズレが生じて今なら若干安くなるそうだ。皆さんマメだなという印象よりも、ガス欠が多発しないかどうかが気になる・・。

IMG_7793.jpg
一気に福島には向かわずに、途中「西那須野 塩原」で高速を降り「大内宿」へ立ち寄る。
ここはかつて会津西街道の宿場町として栄えた街並みを、観光向けに再現・保存しているんだそうだ。ただ、古い茅葺き屋根の家が土産物店などとして並んでいるだけで、これだけではちょっと物足りない、何かもう一つ工夫がないと勿体ないと感じてしまった。
DSCN7390.jpg
蕎麦は、美味しくいただいたけれども。


DSCN7429.jpg
今回宿泊したホテル。はっきり言って、安い宿ではない。従って、私のチョイスではない(笑)。


DSCN7503.jpg
なんせロビーからの眺めがこれだもの。目の前にある池のボートもタダで乗り放題だし。


IMG_7892.jpg
翌日は宿のすぐ裏から歩いて行ける「五色沼」を散策し


DSCN7500.jpg
虫も捕ったし


DSCN7525.jpg
工作もしたし


IMG_7838.jpg
花火もしたし


IMG_7973.jpg
ボートに乗ってカルガモと戯れたし


IMG_7963.jpg
キャンプファイヤーもしたし


IMG_8004.jpg
会津小富士に登って


DSCN7548.jpg
帰りに佐野サービスエリアで佐野ラーメンを食べて帰って来た。

手抜きはしたけど、オチも特にありません。

ウォッシャーノズル

ゾーゾーさんからもらったカーボンのボンネットで、唯一不満な点があるとしたら、それはウィンドウウォッシャー液がきちんとフロントガラスに散布されないことであった。
DSCN7261.jpg
社外パーツだからなのか、ウォッシャー液を出すとワイパーの下あたりに思いっきり噴射されるだけ(笑)なのである。


で、純正のウォッシャーノズルを移植することにした。
DSCN7255.jpg
まず純正ボンネットの裏側にあるカバーとスポンジを外して、裏側からノズルの左右を押して表側から引っこ抜く。


DSCN7259.jpg
外れた純正ノズル。どうやら左右で異なるみたいだったけど、外したときに印をつけなかったので、適当に。


DSCN7266.jpg
カーボンボンネットのノズルを外すと、写真左側のように丸い穴が開いていた。
このままでは取り付けられないので、キリや棒ヤスリを使って右側のような形状の穴にしてやる。


DSCN7267.jpg
無事に取り付け完了。で、結果は・・・。



DSCN7273.jpg
この通り見事ブシュ~っと。スッキリ。

追加

中古のデジカメを衝動買い。NikonのCOOLPIX3100である。
060807.jpg

320万画素・光学3倍ズーム。新品時では実勢価格3.2万円くらいだったそうだが、某量販店系のカメラ専門店にて4千円で購入(貯まったポイントで)。ただし、本体以外の付属品は付かない。

やはりEDS Kiss Digitalを常に持ち歩くのは重いので、小さく軽いカメラが欲しいと思っていた。
何にも下調べしないで買ってあとで調べてみると、『ちゃんと持てて、ちゃんと撮れる』というのがこのカメラのセールスコピーらしい。たしかに、グリップ部分が大きくて持ちやすく、シャッターボタンを押すときにブレにくい。小さいカメラだからこそ、これが大切。本能的にこのモデルを選んでいた自分を少し褒めてやりたい(笑)。
付属品はなくても全然問題はない。説明書がいらないくらい操作は簡単、記憶メディア(コンパクトフラッシュ)もあるし、バッテリーは単3電池対応だからいざって時にはどこでも調達できる。それに以前私が初めて購入したデジカメ、Nikon COOLPIX950を使っていたときに活躍した単3形ニッケル充電池&充電器もあるし。
画素数も、日常のスナップを撮るのであればこのくらいで充分。512MBのCFカードなら300枚以上撮れるし。PCに取り込むのも速い。

で、とりあえず「レンズ前4cmまで寄れる」という接写を試す。
DSCN0725.jpg

ふむふむ。なかなかいいんじゃないの?

DSCN0721.jpg

携帯電話のボタン。

DSCN0715.jpg

長さ7~8cmのミニカーもここまで寄れればまずまずかな。色の飛びも少ないし。
小さくてもニコンのレンズはやっぱりいいなーと改めて思った。
唯一、感度が手動で設定できないのが不満ではあるけれど、そりゃ贅沢ってもんだ。
壊れないで長持ちしてほしいものである。

デジカメもいいけど、程度のいいF4のボディが中古価格4万円くらいで売ってるのを見て、気持ちがぐらっと来たのも事実なのであった・・・。大手カメラメーカーが次々フィルムカメラから撤退するわけだ。

本田

連日、仕事詰めのクーラー漬け。仕事場の外では、解体作業
によるデスメタルチックなノイズ・・・。アタマが変になりそう。

そんなフラフラの中、一服の清涼を求めようとCSでF1観戦。
やってくれました。ホンダが39年ぶりの優勝。おめでとう!!
ジェンソン・バトンもF1参戦113戦目にして初優勝だとか。
長かったねぇ、ここまで。
おかげで少し元気が出てきましたよ、単純だけど(笑)。

買物

ということで、いただいたケチャップを用いてペスカトーレを作った。
多少、トマト缶も加えてますが(笑)。

IMG_7449.jpg

うまかったです、はい。
ただ、料理をあんまりやらなくってカンが鈍ったのか、イカを中途半端に煮込んじゃって
固くなってしまったのが悔しい。仕上げに入れるんだったのに!

昼前にスーパーに買い物に行った際、以前から気になっていたことをふとした拍子に
思い出した。なんだかここ数年、平日の昼間から買い物に来てる男性が多くなったと
思いませんか?もちろん良いことだと思うけど。リストラ?主夫?奥さんが病床?
色々と理由はあるんだろう。
そんでつい、男性の買い物かごを覗いてしまう自分がいる。加工品が多かったりすると
心の中で『フッ、その程度か・・』と軽く見くびったり(バカだねまったく)。

晩飯ももちろん自炊。イワシが安かったので(そういえば、ちょっと前までイワシ高かった
なぁ、なんで?)しょうが煮にして、ナスとピーマンの味噌炒めと共に食す。

運動は、・・・サボる!

蕃茄(ばんか=トマト)

仕事のために五反田へ。

IMG_7201.jpg

途中の車内から撮った、初台の現在のようす。高速の上にまた高速。あな恐ろしや。ここは「西新宿ジャンクション」になるらしい。
とにかく山手通りは工事ばかりで曲がりくねっている。まぁそれはそれで運転していて楽しいわけだが、夜になって交通量が少なくなると、大型バスなんかも割と高い速度で走るのでカーブではロールするし、急に道幅が狭くなったりするので結構危なく感じたりもする。併走しなきゃいいだけなんだけどね。


疲れて帰宅すると、たまきさんから自家製の『小春印』トマトケチャップが届いていた!
『小春』は、たまきさんちの犬。ラベルまで自家製。気合いが違う・・・。
IMG_7417.jpg

実は、たまきさんのブログでトマトケチャップを作ってる様子がアップされていて「んまそー!売ってください」と冗談半分で書きこんだら、2日で本当に届いてしまったのである!
丹精に作られたトマト(トマト自体はたまきさんの知り合いのお百姓さんが作られたもの)を、更に手間暇かけて作られた美味しーいケチャップ。何もしない自分がいただいちゃうのがなんだか悪い・・けど、それに負けないくらい旨い料理を作ればいいのさ!・・ですよね?
幸い、明日からは家族が旅行に出かけてしまうので、おいらが独り占めできるしな。わっはっは!
ごちそうさまです!!

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。