タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもキャンプ

明日から3日間、秩父の某キャンプ場にこもります。

表題にあるとおり、こどもたち(小学生)が主体的に活動するキャンプで、大人はあくまでもサポート役。

親が仕事などで一緒に行けない子もたくさんいるので、そういう子がうらやましがったりすることのないように、「キャンプ中はご自分のお子さんが来ても、できるだけすぐ自分の班に戻るように指導してください」と、しおりに書いてある。

学校の先生などが引率するわけでもなし、アウトドアの専門家による指導もない、大人は3日間飲酒喫煙、買い食い、ケータイの使用禁止。

こどもたちも3日間の食事はすべて自分たちで飯ごうから炊いて作らないといけないし、腹をこわすといけないからと必ず水をわかしてから沢の水で冷やして作った麦茶しか飲んではいけない決まり。
ただし、宿泊はテントじゃなくてバンガロー。

夜9時に消灯したあとも、大人たちはその日一日の出来事を班ごとに報告し合い、日付が変わるくらいまで延々とミーティング・・・。参加した親やその他の大人たちはボランティアどころか、参加費は自腹。キャンプ出身者のOBも指導員として毎年顔を出す。

現在私たちの住む区では、こんな修行のようなキャンプを30年以上続けてきたというのだ。
しかも、このキャンプに一度でも参加すると、「他のキャンプがぬるくて退屈に思えてくる」というのだから、恐ろしい。

実は私も息子と昨年初めて参加してみて、その内容の充実ぶりと大人たちの奮闘する姿に衝撃を受けた。一人っ子の家庭が多い中、1年生から6年生までが協力し合って集団生活をするというのも、得がたい体験になる。そして、他人の子とじっくり向き合う大人たちにとっても、勉強になる。

息子も昨年のハードさを思い出すたびに参加を渋っていたのだが、いざ蓋を開けてみれば副班長に立候補しているし、今から「来年は班長やりたい!」などとのたまっている・・・。さてさて、どうなることやら。

明日からの秩父の天気はいまいち雲行きが怪しいが・・・それもまた良し!
スポンサーサイト

ちょっぴり介護

今日はちょっとびっくりする出来事が。

昼間、ウチのお向かいのお婆さんが助けを求めに来られた。
(私はこのお婆さんのご厚意で畑を無料で借りている)

行ってみると、お婆さんの家に訪問に来たというお客さん(この方も高齢の女性)が、玄関のコンクリートにぺたんと座り込んでいた。

なんでも、帰り際に自分の手押し車に手をかけたときにバランスを崩し、尻餅をついてしまったらしい。自力で立てないので、私(我が家)に助けを求めに来たのだ。

この方が昨年まで入院していたという整形外科医院に連絡をとり、私が急遽プントでその病院へと送り届けることになった。救急車を呼ぶほどじゃないように思えたし、呼ぶより早い。

自分の祖母(今年で95歳)を世話したときの経験が役に立ち(車椅子の扱い方とかね)、無事に病院の診察室前までこの方を送り届け、あとは病院のスタッフにご家族への連絡ともどもお任せした。

年を重ねると、ちょっと前まで当たり前にできていたことが、ふとした瞬間にアクシデントにつながってしまう。このお婆さんの場合、直接のアクシデントは転んでしまったことだが、ご本人からよくよく聞いてみると、同居しているお嫁さんと孫が外出したあとにふと思い立って、ウチのお向かいのお婆さん宅に訪問に来たという。
この「家族に行き先を告げずに外出すること自体が危険」という判断が鈍ってしまっているのだ。

車椅子で小さくなって
「あなた様にこんなご迷惑をお掛けしてしまって・・・すみませんね・・・」と何度も謝るお婆さん。
ウチの婆ちゃんと重なって見えてきて(まだ生きてるけどね)、自然と接することができた。
あらゆる意味で婆ちゃんに感謝だ。

早い回復を願う。

海で遊ぶ

日曜日、家族で逗子の海に遊びに行く。

1歳2ヶ月の長女が、どうもチャイルドシートに座るのが嫌みたいで、座って数分でむずがってしまうのと、往復の渋滞、そしてなにより私がビールを飲みたい!との思いでこの日はクルマじゃなく電車で出かけることに。逗子なら湘南新宿ライン1本で、池袋から所要70分。駅から海までは徒歩10分。ラクになったもんだ。


SANY0203.jpg
午前10時に逗子に到着、さっそく海に入る長男。浮き輪を手放さないとはいえ、親が支えてないと絶対入らなかった海に、自分から積極的に入るようになった。


さて、もうだいぶ前のことになるが、新しいオモチャを導入。
いい加減、遊びに行くのにデジタル一眼レフとビデオカメラをガチャガチャいわせながら持参するのに、正直疲れていたのだ(笑)。ちょっと調べてみたら、防水タイプのムービーカメラが2万円前半で手に入ることを知って、家電量販店で購入。

その防水機能とやらを、ようやく確かめるチャンスがきた。
海水の中にカメラを持ち込むなんて、かなり新鮮な気持ちになる。

短いけど、製品に付属していたAdobe Premireを使ってムービーをアップロードしてみた。
モデルがアレなのはアレですので・・・




「ごぽごぽ・・・」という音が臨場感を演出。



SANY0265.jpg
たっぷり海で泳いだあと、海岸の端っこに移動して、カニなどを採る。
一応、釣り道具も持っていったのだけど、とてもそんな時間はなかった。



SANY0271.jpg
姫も意外と海が気に入ったようだ。
石原慎太郎の「太陽の季節」モニュメントと。
アングルのせいでひどい表情だなこりゃ。



SANY0284.jpg
海岸近くのデニーズで早めの夕食。
キリン・ハートランドビール、久しぶりに飲んだなあ。


SANY0282.jpg
このデニーズのテラス席からは逗子海岸が一望できる。


SANY0285.jpg
南国リゾート気分を味わうことができるが、いかんせん子連れだとスパゲッティを食い散らかしたり足元に寄ってきた蟻んことたわむれたりして、そんな気分など忘れさせてもくれる。


SANY0269.jpg
ウィンドサーフィンも気持ち良さそうだった。


楽しい日帰りの旅だったけど、日焼け対策を全くしなかったのは大失敗だった。
ヘルボーイのように真っ赤っかになって、1日経ったいまでももヒザや肩が痛い・・・。

モロ出し

昨日のエントリでは「スケッチは載せない」と書いた。

しかし。

本日昼間、レッドブルの中の人から
「Webサイトにいただいたスケッチを載せてよろしいでしょうか?」
との電話があった(笑)。ならばしかたない。



こっちから載せちゃうぞ。




ただ、普通に掲載したら面白くないので・・・




クイズ『採用されたのはどーれだ?』

でお楽しみいただこうと思います。

実は我がチーム、書類審査突破をより確実なものにしようと、3つのアイデアスケッチを事務局に送付した。もちろん以下の3つ以外にも、とめどなくあふれるアイデアをキーに打ち、紙に描き、ああでもないこうでもないとチーム内で考え、最終的に3つに絞った。品性と、理性のバランスを保って(ホントか?)。


テーマはそう、ドリル。


男ならドリル! 女こそドリル!!
右に回せば極楽浄土 左に回せば無間地獄
今こそドリルで風穴を空けるのだ


をキャッチコピーとし(どんなよ)、選りすぐった3台のマシンはレッド「ブル」を意識したからかどうか、大なり小なり「牛」をモチーフにしている。
ちなみに私はおうし座・うし年産まれ、おまけに牛肉・牛乳・牛脂好きである。あきらかに牛歩蛇足だ。







ではエントリーNo.1  車名【ドリルブル】

ドリルブルクリックで拡大しちゃうゾ!

もちろんレッドブルに対抗しての「青牛」である。
もちろんリアのキャタピラはフェイク。つーかそれらしく見えるパーツ類は全部フェイク。
見たまんまの重さだと機動性は損なわれる。
スケッチにはあえて描かなかったが、こいつが採用となった場合ボディ全面にフェイクファー(いわゆるモコモコとした毛)を貼りつける予定。
登場時のBGMは『カルメン 闘牛士の歌』






エントリーNo.2 車名【ドリル城】

ドリル城

クラフトマンシップが燃えたぎるデザイン(笑)とした。実際、こいつを制作するとしたらかなり大変だ。
世の中には「城マニア」という人種がいて、やれ「石垣が野面積みだ。許せん。」とか「入母屋破風の完成度ならやっぱ高知(城)かな」とか難癖をつけてくる輩がいる(かもしれない)。
いやもちろんそんな輩の言葉なんか気にしないで自由に作ればいいんだけど、どうせならマニアをも「ウ~ン・・・」と唸らせるくらいのものを作りたい。
ただ、日本の城というのは他のチームと被る可能性がある。
天守閣屋根上の金のシャチホコならぬゴールデンブルはご愛嬌。
登場時BGMは定番だが『暴れん坊将軍のテーマ』。もしくは『必殺仕事人のテーマ』で。






エントリーNo.3 車名【ドリクロン ピンクデス】

ドリクロン ピンクデス
ドリル+(牛の)ドクロでドリクロン。我ながらひどいネーミングセンス。
チーム内での人気は最低レベル!でもこいつを実際に制作した場合、適度に迫力あってセクシー(笑)なマシンになると私は考えている。
カラーリングイメージは初代ト○タ・ヴィッツのメタリックピンク&クロームシルバー。いやーん。
登場時BGMは、チーム内から『ハイウェイ・スター』という声もあったが、個人的にはもっと他に相応しいのがあるような気がする。エイジアとかジャーニーとか?わかりにくいか・・・じゃあフレディかな?



さて。提出したマシンの紹介は以上!

実際にどのマシンが採用されたのかは、本家Webサイトの掲載を楽しみにしていてください。
このエントリのコメント欄に答えを書き、なおかつ10月11日お台場で行われるレース当日に

 『チーム ドリルバスター無限地獄タイプR』

を応援に来てくださった方には、私から「何か」差し上げます。ただし、勝手ながら私の顔見知り(ネット上での知合いを含む)に限らせていただきます。Web掲載は来週以降とのことだったので、締め切りは今週土曜日(7/25)23:59とします。

※このクイズはあくまでも私個人で企画していることです。レッドブル・ジャパンやボックスカートレース事務局とは無関係です。




さーて!仕事しよう!!

で、出ちゃう・・・?

先日の日記に書いたレッドブル ボックスカートレースですが、書類審査に合格、出場権を獲得した!
嘘かホントか600組以上の応募があったという。その中で70組しか出場できないというのだから、それなりに狭き門である。

CA390309.jpg
応募者全員にレッドブル4本セットが送られるとのこと。なんとも太っ腹な企画である。

もし落選したら、(腹いせに)自分がデザインした車輌のイラストをここに載せようと思っていたのだが、出場となるとライバルに手の内を明かすワケにもいかないので、残念ながらイベント後まではお預けです。

我がチーム名は『チーム ドリルバスター無限地獄タイプR』です(なげー)。
このネーミングでマシンを想像してください(笑)。

そして我がチームは僕以外、精鋭揃い。
「優勝できない理由が見当たらない」
「賞金の使いみちを考えよう」
「後悔させてやる」
「マシンデザインがダセー」
などの猛々しいコメントが、日夜ネットコミュニティ上で交わされている。
チームメンバー以外にも、サポートしてくれる人は相当数いる。もう勝つしかない。

各チームのもとにはレッドブルの中の人が取材にやって来るとの情報も。
これは・・・レース前から勝負は始まっている。腕が鳴るべぃや!

とりあえず、手芸屋と博物館に足を運ぶか。

メディア掲載

『奥多摩山里歩き絵図』が各新聞メディアに掲載され始めました。

読売新聞のホームページYOMIURI ONLINEにも18日付で掲載されたほか、16日付の日本経済新聞朝刊の東京・首都圏経済のページにも小さい囲みながら載っています。

地元紙の『西多摩新聞』にも電話で取材を受けましたが、いつ掲載されたのかは未確認です。
記者の方、ここを見たら見本ください(笑)。

世界最速のインディアン

今夜9時から、NHK衛星第2で放送されます。
車輪好きには必見の作品です。
もちろんそうじゃなくても楽しい作品です。是非!


祭り。とうきびの

今朝、とうもろこし(品種はピーターコーン)を初収穫。

CA390281.jpg
そりゃ売り物に比べたら実のつき方は貧弱。だけど、完全無農薬でとれたて。
さっそくゆがいて食べると、甘い甘い。
1歳になった娘もよろこんで一粒一粒指でつまんで食べる。


・・・が。


午後、実家に行ってみると、妹の嫁ぎ先の茨城から大量のとうもろこしが送られてきており
丸々1箱もらう。みずみずしく太った黄金色のとうきびに、やっぱりプロの仕事は違うなーと実感。


・・・で。


自宅に帰ると今度は義母の故郷の千葉からとうきびが・・・。
CA390282.jpg
こういうのって、重なるもんなんだよね。


畑を貸してくれてる地主の方に「今年もこんなに採れました!」とおすそ分けに行こうかな?

『山里歩き絵図』配布開始

毎日ジメジメとした気候が続いております。
でも、我が家はまだエアコンの電源を入れるまでには至ってません。
この折角の不快指数アゲアゲ感を味合わないと、梅雨明けのときの歓びが小さいので我慢です。

巷にあふれる「エコポイント」という言葉。あれはなんなんでしょう?
新しい電化製品や自動車買って「エコ」って。
使えるゴミ増やすのがエコなら、みなさんどんどんゴミ捨てますよ。
電気消費量が少ない家庭や企業にこそ「エコポイント」やらを付けるべきでしょう、本来は。
そんなもの、たとえて言うなら、ボンタンやなっがーいスカートをはいて登校する
やんちゃな生徒の偏差値を教師が上げてやるようなもんですよ。
・・・え、違います?よねー。


さて、『奥多摩山里歩き絵図』の一般配布が始まりました(たなまさん、お待たせしました)。
JR青梅線奥多摩駅前の観光案内所にはすでに置いてあるそうです。
その他の場所については未確認です。

奥多摩町発行の行政誌『広報おくたま(←クリックするとPDFデータが別ウィンドウで開きます)』にも掲載されました。

いよいよこれを持って奥多摩を歩く人が増えるんだなあ、と思うと期待と不安で(?)いっぱいです。

8月8日(土)には奥多摩駅周辺でお祭り&花火が上がります。
私も行けたら行こうと思います。この夏は、いっぱい遊ぶんだもーん!

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。