タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザー車検、その前に…

プントが来月で初の車検を迎える。
以前から挑戦しようと思っていた「ユーザー車検」を今度こそトライしようと思う。

ユーザー車検とは、ディーラーや代行業者に頼むのではなく、ユーザーが自分でクルマを陸運局に持ち込んで、継続してクルマに乗るための検査を受ける、というものである。
代行手数料がかからないため、余分な費用を払わずに済む反面、ある程度整備に関わる知識も必要だし、自分で検査を受けるのだから、初めて受ける際は予習しておかないと困惑することばかりだと思う。

私の場合、費用を浮かせたいという気持ちもあるにはあるが、どんなもんか?という好奇心のほうが強い。クルマ好きを公言している以上、「ユーザー車検?何それ?」ではあまりに
情けない…と思っていた。

そこで、空いてると思われる朝一番に、陸運局の下見に行って来た。
まず、敷地内の建物の配置などを大まかに確認、ついで受付や敷地外の行政書士事務所にて車検に必要な書類を揃える。その足で、もし検査に引っかかった時のための民間テスター屋さんを見学する。検査に落ちたときのための、また、落ちないように予めこういう民間のテスター屋で予備車検を受けておくと安心だという。

再度陸運局に戻り、検査の流れをじっくりと見学する。shakenjou.jpg

受検者には色々な人がいて楽しかった。いかにもベテラン風のツナギを着たおじさん、コートを着たままかったるそうにしている、気質に見えない中年男性、同じ女性でも一方がガソリンスタンド勤めらしく慣れたしぐさでさっさと終わらせたかと思えば、もう一方のミニバンに乗った若いお母さん風の女性はその手間取いぶりから検査官が最後までつきっきりで立ち会っていた。

以上で下見は終わり。思っていたよりカンタンそうだ。ただ、やはり具体的な検査ラインでの手順など、下見せずにいきなり検査を受けるのは無理、と思った。

「ユーザー車検、やってみたいんだけど…」と考えている人でなかなか実行に移せないのは、下見の大切さを知りながら、実はその下見という「ひと手間」が足かせになっているのでは?人間誰でも一回で済ませたいもんなぁ。
逆に、しっかりと下見さえしておけば、ユーザー車検を受けようという思いが一層強くなって、もう受かったも同然だ(ウソ書いちゃいけない)。

さて、本番の車検はいつ受けようか。
関連記事

コメント

頑張って!!

ユーザー車検是非受けてみてください。
受かった気でいるのは早いけど・・・?

ありがとう

まあ、楽勝でしょう。なんて。
また記事にするので読んでね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/11-fe2b0c1e

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。