タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いるということ

DSCN8521.jpg

ここ数日間、近くにできた老人ホームへ祖母を送迎したり、面会に行ったりしていた。

今年92歳になる祖母は、この夏、乳ガンを発症して手術までしたにもかかわらず、周囲を驚かす
驚異的な精神力(?)でわずか一週間で完治、退院した。
戦争で早くに夫をなくした祖母は、たった1人で子供2人を育てあげながら、つい数年前まで子供
から大人まで幅広い層の生徒を持つ書道の教師でもあった。
そんなたくましい祖母のエネルギーは、正直現在の小さい身体からは想像できないが、やさしく
控えめながらも時折のぞかせる芯の強い言葉に、私は深い尊敬の念を抱く。

思えば私の母方の祖母(既に他界)も、自分の強い信念の中に生きていた。
自分のことよりも常に私たち家族やクリーニング屋にまで(?)気を配り、厳しい時代を生き抜
いた女性の、自信と温かさに満ちていたように思う。

老いる、ということは周囲に迷惑をかけるということでもある。しかし、しっかりと自分の人生
を歩んできた人間には、(多少遠慮することはあっても)若い家族に身を任せるための準備がで
きている。それは、かつて自らの親を支えた経験によるものであり、また、次はあなたたちの番
なのだから、しっかりとね。…とでも言うように道筋をつけるためなんじゃないだろうか。

今回老人ホームに祖母を預けることになったのは、本来預かってもらう予定だった親戚の都合が
つかなくなってしまったからであるが、祖母は嫌な顔ひとつせずに見知らぬ入居者の方々とも何
の問題もなく過ごしていた。問題どころかその持ち前のやさしさと明るさから、70代のおばあさ
ん方からも「おばあちゃん」と声をかけられ慕われていた。

自分もこの祖母のように、やさしい老後を送れるようになるだろうか。
・・・今のままでは無理かも(笑)。


DSCN8522.jpg
祖母の短歌集に寄せた挿し絵の一枚。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/168-e3026bc5

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。