タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『硫黄島からの手紙』を観た

年末からずーっと観たいと思っていた『硫黄島からの手紙』を、ようやく観ることができた。

アカデミー賞も終わってみれば、この作品が受賞したのは音響効果賞という何とも地味な賞のみ。今回の作品賞候補の中ではずば抜けて『硫黄島』の評判が高かったのにも係わらず、実際に受賞したのが『ディパーテッド』だったのは、映画関係者の投票で決まるオスカーにおいて『硫黄島』には単に有名な俳優の出演が少なく、コネがなかったためだと町山智浩さんも事前に予想して書いている。

ま、言うまでもなく観た人がどう感じるかが重要なのである。
とにかく、淡々とそして強烈に戦争の虚しさを描いている。
全編を通して、モノクローム調の重苦しい映像が続く。ちょっと長いかな・・と思わないでもないけれど、それにより今の自分と登場人物とを置き換えて考える時間を、半ば確信的に与えられている気がする。

何日か前の毎日新聞に、硫黄島への慰霊・調査のために定期的に島を訪れている団体に同行した人の記事が載っていた。それによると、一晩中何者かの訪問を受け続けて結局一睡もできない体験をした者がいたそうだ。現在でさえそのように感じる人がいるのだから、当時の兵士たちの恐怖と不安に満ちた心情はいかばかりか、想像もできない。

たった60年前に南方の小さな島で地獄が存在し、しかもこれをかつての敵国側からの人間による考察で描いているというだけでも、充分観る価値のある映画だと思う。
現在もこれと大差ない悲劇が主に中東やアフリカで繰り返されていることもまた、忘れてはいけないのだ。

「音響効果賞」モノの臨場感を味わいたいのなら、今すぐ映画館に行きましょう。まるでホントに自分の足下に弾丸が飛んでくるようです。来週の金曜日で上映を終了するところが多いみたいです。

関連記事

コメント

あ。

 タニシさんも町山智浩さんの日記読んでるんですね。
 僕も毎日チェックするサイトのひとつです。
ポッドキャスティングも最高じゃないすか?第4回が特に。

毎日

はチェックしてません。ポッドキャスティングはなんとなくDLするのが
面倒でサボってました・・・って、ダメダメですね私(笑)。
あとは毎週のラジオとTVブロスはチェック、ですか。

たまきさんの好奇心アンテナを少し分けていただきたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/213-92c8a45f

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。