タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER MEETING in TSUKUBA

0706177136.jpg
先日のFIAT RUNに続き、昨日はスズキ系レースイベントの中の走行会で走るため、筑波サーキットに行って来た。
2週連続でサーキットを走るなんていうのは、いよいよ不治の病の予感。
筑波のコース2000を走るのは、一昨年の5月に次いで2回目。果たしてタイム更新なるか?



0706177285.jpg
で、いきなり結論。
Sタイヤ履いたのに・・・いい感じで走れたと思っていたのに・・・更新ならず。
一昨年ラジアルで走ったときのナント3秒落ちという、精神的な罰ゲームにしばしボ~然となる。
今回は一枠20分しか申し込まなかったので、走り直すこともできず。
画像の提供はゾンターさん。安定しすぎ?



0706177295.jpg
一応車載カメラで撮影してあったのでそれを見直すと、確かにもっとイケたような気もする。
自分では良いと思っていても、実際のタイムは全然ダメってことは案外よくあることなのだな(伊那でも経験したしね)・・・せいぜい ヘタレ + 下手くそ =「ヘタニシ」と呼ぶがいいさ!(笑)
次走る機会があったら、1分20秒を切りたい。

この画像もゾンターさんより。こうして見ると1ヘアピン手前のS字は結構曲がりくねっているのだな。



0706177266.jpg
スズキ系のイベントだけあって、バイクのエンジンを載せたフォーミュラ隼や軽自動車のエンジンを載せたフォーミュラKei、スイフトスポーツなどのワンメイクレースなどが行われる。以前よりもエントラントが少なくなっているようで寂しい。



0706177232.jpg
しかし、何と言ってもこの日のメインイベントは、このSUZUKI XL7 パイクスピークのデモ走行である。
XL7とは、グランドエスクードの北米仕様にあたるモデル。一応市販車の名前を用いてはいるものの、これはパイクス・ピークというヒルクライム競技のためだけに作られた、別物のマシンである。
かつてはエンジンを2基搭載するなどしていたが、これは1基の2.7リッターV6エンジンをツインターボで過給、1,008馬力を出すという。
ハッキリ言って、筆者は「世界一バカなクルマ」だと思う。バカだけど、大真面目。そこがエライ。



0706177372.jpg
もちろんドライブするのは‘モンスター’こと田嶋伸博氏(お願いしたら快く一緒に写真撮ってくれました)。
このイベントのためにわざわざ日程を調整し、翌日横浜港から船でアメリカへ運ぶのだとか。ちなみにパイクス・ピークの決勝はアメリカの独立記念日にあたる7月4日。目標としているコースレコード樹立を、是非達成してもらいたいものである。
そんな凄いマシンが、おそらく日本のサーキットを走るのはこれが最初で最後と言うのだから、期待するなというほうが無理である。



0706177244.jpg
何より目を引くのはこの巨大なリアウィング。言うまでもなく空気抵抗によって大地にクルマを押しつける、いわゆるダウンフォースを発生させるためだ。



0706177235.jpg
ちょっと画像だと判別しづらいが、フロントグリルとヘッドランプあたりはステッカーによるダミー表現。



0706177236.jpg
3枚のカナードが恐ろしい。



0706177323.jpg
タイヤはファルケン、サイズは285/60R18!
ホイールはヴォルクレーシング製。



0706177239.jpg
エアー取り込み口はルーフにある。



0706177371.jpg
運転席は中央に位置する。ギヤは6速シーケンシャル。



0706177328.jpg
満を持してのコースイン。



0706177329.jpg
ドロドロドロ・・という排気音。



0706177360.jpg
タイヤの感触を確かめるように、徐々にペースを上げていく(と推測)。



0706177287.jpg
1ヘアピン。これはまだおとなしい画像だけど、後半はタイヤスモークを猛烈に巻き上げて豪快に走り抜けて行った。



0706177293.jpg
最終コーナー。手元のストップウォッチでラップタイムを計ってみたら、大体59秒くらいだった。性質が違うとは言え、これをもっとオンロード用のセッティングにしたら一体何秒で走れるのだろう・・。



0706177302.jpg
少しでもコースをはみ出すとこの通り。



0706177315.jpg
何度かピットインしてタイヤを外し、調整していた。



0706177356.jpg
どうってことないんだけど、このリジッドラック・・



0706177357.jpg
よく見るときちんと保管場所?がマーキングされている。



0706177358.jpg
それもそのはず、こんなトランポに・・



0706177359.jpg
無数のパーツを搭載しているのだから。



0706177355.jpg
いいものを見たという満足感と、自分のダメさ加減に心の折り合いをつけられないまま、隣接するコース1000へと移動する。
関連記事

コメント

S字

何故直線的に走らない??

あ~、まだエボ治らないよ~。

確かに

ゾーゾーさんがいうとおり直線的に走っていないようにみえるね(笑)
いい天気だったからいい感じて汗をながせたのではないかな♪

ゾーゾーさん>
エボはどのくらいいってしまったの?
はやくよくなるといいけど・・・

それは

撮影位置の関係で余計に遠回りに見えるだけだと思いますよ。
上のS字画像をもう一度よく見てみて。
後ろの軽自動車は縁石踏んでないけど、僕はなるべく大胆に踏んで
できるだけ直線的に進入するようにしてました。って、必死すぎ?(笑)

チリチリに日焼けしました。

エボ直すことにしたんだ?

まあ

軽自動車と一緒のクラスってとこがポイントだな。
軽もカプチーノとか滅茶苦茶速いからね。

エボは直さないことには売れないだろ(笑)220万程度だな。
それか内装剥がしてタイムアタック仕様にしてしまうか???

つーか、魅力的な車が見つかりません。

まぁまぁ

アルトワークスも速いね。

>内装剥がしてタイムアタック仕様
また仮ナンバー生活ですか?本領発揮ですね。

う~ん

写真を見て、自分の走りの分析ができるんですなぁ。
先日、自分の走行の写真を見て、
「俺の車カッコイイなぁ♪」と言ってた編集長です(笑)

車載カメラもほしいみたいですが、
あれって見る時に車酔いしないのかと思うのです。

味噌マヨレシピありがとうございます。
早速やってみます♪

いや、

>写真を見て、自分の走りの分析が
できないからツッコまれておるのです(笑)。

ダッシュボードにケータイを固定すれば、車載カメラの完成ですぞ。

毎日キュウリ食べてます。瑞々しくて舌触りが滑らかで、うまいんだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/261-e040f20b

スイフトスポーツは、その名のとおりスポーツ仕様車

スイフトスポーツは、その名のとおり、「スイフト」のスポーツ仕様車のこと。スイフトとは、スズキが販売するハッチバック型自動車のシリーズですが、そのスイフト・シリーズ全体の月間販売数4000台の約2割である700台から800台の販売数を誇る人気モデルが、この

スズキ・グランドエスクードグランドエスクードは、かつてスズキ (自動車メーカー)|スズキが製造業|製造、販売していたSUV型の自動車。海外ではグランドビターラXL-7(Grand Vitara XL-7)または単にXL-7として販売されている。1997年から発売されたスズキ・エスクードをベ

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。