タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NICOLE Circuit Day

昨日は、平日にも係わらずサーキットイベントへ行って来た。
BMW MINIクーパーSに乗る、旧くからの友人・託さんに誘われたためだ。

イベント名はタイトルにある通り“NICOLE Circuit Day”。
BMWやMINIの正規ディーラーとして、またALPINAとBUGATTIの総代理店でもあるニコルの30周年に一度の大イベントとのこと。
ハッキリ言って自分には縁のない高級車の世界だが、開催場所が富士スピードウェイの本コースということで、仕事に都合をつけて行くことにした。

入場料金は一人当たり3千円。プラスクルマ1台につき3千円。高いと思われるかもしれないが、全員に記念品と昼食がつき、同乗可能なファミリーランが出来、希望者には30分の走行会1枠(ただし、タイム計測は無し)と、抽選に当たればプロドライバーが運転する“レーシング・タクシー”にも乗ることができるという、かなり太っ腹な企画である。
託さんは残念ながらレーシングタクシーの抽選には外れてしまったが、この値段で国際規格のコースを走れるのは素直に羨ましい。
プントなんか肩身狭くて場違いもいいところである。走ったら走ったである意味「神」扱いしれないが・・・。


0706307679.jpg
朝6:00自宅出発。6:30に託家に到着、プントを置かせてもらってMINIに同乗させてもらう。
東名御殿場インターを降り、国道沿いの金太郎から歓迎を受ける。

余談ではあるが高速道路では多数のBMWに追い抜かれる。それも、尋常じゃない速度で。
きっと「駆け抜ける歓び」を満喫したい方が多いのであろう。


0706307685.jpg
8:00過ぎに東ゲート前に到着。
託さんも僕も、富士スピードウェイは初めて来るサーキットだ。どんな感じなのか、興味津々。


0706307689.jpg
長ーいアプローチを経て、広大なパドックに到着。さすがは今年からF1開催が決まったコースである。今まで観てきたミニサーキットとは規模の桁が違う。
走行会参加のMINIとしては、どうやら一番乗りらしい。適当にパドックをうろつく。



0706307702.jpg
BMW Z1。イタ車っぽい。



0706307726.jpg
こちらはフランス車。ブガッティ EB110。
3.5リッターV12エンジンは、4つのターボチャージャーで560馬力を誇る。
時速100km/hまでの到達時間は3.46秒、最高時速は342km/h、だそうでーす。
スピードメーターもちゃんと?400km/hまで印字されてましたぁー。


0706307901.jpg
このクルマ、幾らすると思いますか? ・・・1億5千万円だそうですよ。
車検費用だけで5~600万円かかるそうです。って何故か敬語になってしまうのです。

もっと凄い最新のヴェイロンも1台展示されたのだが、なぜかすぐ移動してしまい、撮影し損ねた・・。それがこの日一番、悔やまれることである。



0706307844.jpg
F1のセーフティーカー。に似せたベンツ。色んな意味で素敵だわぁ。



0706307908.jpg
続々と集まってくるBMW・ALPINA。ネットを調べたら、本当かどうか知らないが総勢で600台くらい入ったそうである。平日でもこれだけ集まるってことは、やはりBMWオーナーには重役クラスが多いからか?と勘ぐってみたくなる。



0706307740.jpg
そうこうしているうちにMINIもぼちぼち集まって来る。



0706307799.jpg
そうこうしているうちにMINIのレーシングカーがコースを走り回る。モディファイっぷりが・・・。



0706307867.jpg
ロータスはいつ観ても・・・(ため息)。



0706307858.jpg
ミニカーみたいで可愛らしい。



0706307882.jpg
新しいBMWで唯一カッコイイと思えたのがコレ。ボディカラーが独特だし、低く流麗なラインがいい。



0706307912.jpg
ドライバーズ・ブリーフィングに出席。これまた広~いミーティング室。一通り旗の説明くらいしかされなかった。



0706307915.jpg
ついでに今のうちに食事でも・・と隣の部屋へ。どうやらただの弁当でなく、シェフたちが出張するケータリングのようだ。



0706307921.jpg
僕らはハヤシライス(コーンスープ、ドリンク付き)を食す。味はそこそこ。



0706307932.jpg
食べ終えてピットの方に行ってみると、マジシャンの“セロ”とお笑いの“森三中”がテレビの収録をしていた。これから、目隠しをしてドライブするらしい。



0706307952.jpg
1回目は危なっかしくゆっくり、戻って来て何かマジックを施しての2回目は安定して速い、という演目のようだが、ハッキリとはよくわからない。この模様は7月21日(土)19時からフジテレビ系で2時間特番として流されるようなので、興味ある人は確認されたし。
このブログをご覧になってる方にだけ、こっそりウラ情報を。2回目に走る前、セロがスタッフに囲まれて、隠すように何かコソコソしてましたよ~。その時だけスタッフが「すいませーん、写真ご遠慮くださ~い!」と念入りに叫んでたし(笑)。



0706307922.jpg
ムッシュ・ビバンダム改めミシュラン・マンとツーショット撮影でご満悦の託さん。



0706307977.jpg
コースでは再びクルマが始める。ブガッティはやっぱり速い。



0706307985.jpg
すみません、車名わかりません。



0706308004.jpg
イセッタも会場の注目の的であった。ブガッティよりも人気者だったかも?



0706308014.jpg
そんなこんなで僕らのファミリー・ランの出番がやってきた。
ところが、とにかくやたらと参加台数が多いため、コースインするにも時間がかかり、コースインしてからもあちこち渋滞していて、とてもとてもファミリー『ラン』とは言えない有様。2週しかできず。
これだけを期待して来た人はフラストレーションがたまっていたと思う。

ちなみに他の枠のファミリー・ランは心なしか台数も少なく、かなりのスピードで悠々走っているように見えた。車格も上のクルマばかり。ここでも格差社会の影響が・・?



0706308023.jpg
会場にはこんなクルマもやって来ていた。
ブリヂストンの『パンクさせたランフラットタイヤで走ってみよう!のコーナー』(大体そんな感じ)にて。
隅っこのほうでこっそり展示されていたので、気が付かない人も多いのでは?



0706308028.jpg
自称F1ヲタクの託さん曰く、昨年型の本物。とのこと。



0706308030.jpg
ブレーキキャリパーが下に付いてるのも低重心化のためなのか。



0706308033.jpg
物議を醸した『可変ウィング』のやつでないそうだ。



0706308051.jpg
いよいよ託さんの走行の出番。
ミシュラン・マンに激励されているぞ。しかし託さんのタイヤはピレリのランフラットだ!



0706308087.jpg
託さんの走った走行枠「D」は、3つのグループに分けられそれぞれの集団の頭にはプロの運転するペースカーがつく。ところがペースカーの速さが一定ではないので、速く走れる集団と前が詰まった状態の遅い集団とに明暗が分かれる。
託さんは運悪く遅い集団(そのペースカーを運転しているのはミ○エル・ク○ム)。しかも追い抜きは禁止だという。すごく走りづらそう・・・。



0706308108.jpg
フェラーリも一台入ってたっけ。
追い抜き禁止なんて、もう完全になかったことになっていた。

走り終えた託さん、コースの感想は?
「意外に起伏に富んでて走りにくい。特に最終コーナーは鋭角な上にブラインドになっていて怖い。」
とのこと。無事で何よりだ。



0706308149.jpg

こういう旧い渋めのクルマにどうしても目がいく。
ここまでは雨にもなんとか降られず。あとは最後に全員参加のパレードランでもう一回同乗走行。



0706308192.jpg
しかしここで大粒の雨が降り出す。

毎年開催しているわけではなく、ましてやあの大量のクルマをさばく運営側の苦労は、並大抵なものではないと想像できる。が、それにしても細かい部分でケチをつけたくなる箇所はいくつか見受けられた。中でもファミリーランの大渋滞とドライバーズ・ブリーフィングの内容の薄さは、ハッキリ言ってお粗末としか言いようがない。大規模な『お客様感謝デー』だとしても、スケジュールの滞りや安全意識の徹底不足はプロとして許されるものではない筈だ。
ま、楽しかったからいいんですけどね。


0706308223.jpg
帰り、海老名のサービスエリアに寄ったら、虹が出ていた。
一度でいいからプントでFISCOを走ってみたい。
関連記事

コメント

クルムまじめに走れ!

BMWーM1
ランボルギーニとの共同開発で、エンジンはBMWが、
車体の製造はランボルギーニが行うはずだったけど、
ランボルギーニが経営不振に陥ったため開発から離脱
BMW単独で台数限定で製造販売された車で、
Mシリーズの元祖です。

M1といえば

初コメントよろしくです。

M1といえばスーパーカーブームの最後の一台。
これ以降はブームが去ってしまったのが記憶に。

イセッタ、良い!昔、東松山のオールドカーマーケットに
置いてあって本気で購入を考えていたな。

>一度でいいからプントでFISCOを走ってみたい。
激しく同意!だって一番近いサーキットなんだもん。

日程が微妙だけど FSWのHPに載っている走行会情報で
8.16のPSC湘南(日産系?)というところが企画している
のが参加費15500円で一時間走れるみたい。
(会員さんは11500円と安い) 
ただし計測はなさそう
計測があるのは2万円を超えているのが多いみたい
FISCOの会員は初期費用が4万円超えるのでハードルが
高いですね。

次回FIATRUNは富士でお願いします

託さん>
それだけかーい!
アキバ系・・・のことにも触れておきなさい(笑)。


しるふさん>
解説ありがとうございます。
撮ってきた画像をよく見直したらちゃんと「M1」と書いてありました…。
ボディデザインはジウジアーロなんですね。


yutaka-sさん>
よぉーこそ、いらっしゃ~い。
スーパーカーって、現在ほど空気抵抗を減らす技術がまだなかったから、
作り手の夢や発想がそのまま形になっていて魅力ですよね。
直線的なラインにリトラクタブル・ライトに必要以上に開けられたスリット
・・・僕はデトマゾ・パンテーラが名前のインパクト共々好きです。
イセッタ、今こそ買ってください(笑)。


オセーゼさん>
やっぱりタイム計測があってこそ、ですよねえ。
今はマイポンダーを持ち込むっていう手もありますが・・・。

>次回FIATRUNは富士でお願いします
次回は無理かと思いますが、いずれトライしてみましょうか~?

富士~はひろい~な~

おおき~~なぁ~~。

いいね~富士近くて遠いサーキットだよね、新しくなってから走った事無いし・・・。
次回のFIAT RUNはFUJIですか?いいですね~一人当たりいくらになるんだろうね?(笑)
タイム計測はストップウォッチ持参でね、直線長いから多分押してる余裕はあると思うよ~(笑)

貸し切り額も

大きいだろうなぁ。というか貸し切りなんてまず無理だけど(笑)。

ミニバンコンテストのやつをFISCOでもやるように仕向けるんだっ!
そして「自称ミニバン」の多様な欧州車がゾロゾロと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/266-02ce965d

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。