タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスドース・・・LOVE

カスドースですよ。
どーっすか?カスドース。カスじゃないんどす。マクドじゃなくてカスドっす。ドスのきいた加藤が須藤に貸す・・・あああ、もうこのへんでいいですか?



0709140209.jpg
息子の幼稚園ともだちのKさん家より、カスドースをいただいた。
カスドースとは、小さく切ったカステラを卵黄・糖蜜・グラニュー糖を順番にまぶした、文字にするだけでも甘ったるい菓子だ。そして実際、殺人的に甘ったるい。

およそ400年前、鎖国時代の長崎県は平戸にポルトガルより伝えられたカスドースは、当時としてはそのあまりの贅沢な食べ物ゆえに平戸藩からは門外不出だったそうだ。

自分とカスドースとのファーストインパクトは、7年ほど前の九州旅行。
レンタカーで九州を一周し終えて、長崎から東京へ帰る飛行機を待っているとき、空港の土産物店で何となく手にした。家族向けのお土産として買ったものだったが、小腹が空いてきたのでひとつ摘んで食べてみた。次の瞬間空き箱となり、慌てて追加購入したっけ。


0709140208.jpg
いただいたのはつたや総本家のカスドース。ここのが一番美味しい。ふんわりと柔らかなカステラにコクのある卵黄の風味。グラニュー糖のざらついた食感がまた虫歯を予感させてくれて、ちょっぴりスリリングな気分を味わえる。
ひとつが小さいからしつこさを感じることなく一気に食べてしまえる。さすがに半ダースを一気食いしたときはアレだったが。


意外と思われるかもしれないが、自分は甘党ではない。
普通のカステラなんて、牛乳に浸してビチャビチャの流動食にして飲み込んでしまいたいくらいだ(それは甘党云々以前の問題のような気もするが…)。
何故そんな自分が甘ったるいカスドースなんかが好きなのか?とちょっと冷静に考えてみると、どうやら卵黄がポイントになるような気がする。

おなじく平戸に伝わったとされる福岡の名菓「鶏卵そうめん」も私は大好物である。もう何年も食べてないけど。「甘さ控えめ」などという軟弱な言葉が生まれるもっとずーっと前から受け継がれてきた、傍若無人な甘さっぷりに私の心はサドンデスである。

あと、ちょっと方向は違うけどスイートポテトの表面に塗ってある卵黄、あれも好きだ。テカリとコンガリ具合を想像しただけで、びろーんとはがしたくなってくる。

・・・とまぁ、こんな感じで幸せな時間を過ごすことができました。Kさん、ありがとうございました。鶏卵そうめん好きも見抜かれていたとは・・・・(笑)

関連記事

コメント

こんなにもカスドースを熱く語れるなんて…その情熱、素敵です(^o^)
ご子息の高度なオヤジギャグはお父上の日々のご指導によるものだったのですね。楽しませていただきました。
九州旅行の際は私の故郷、大分県日田市にもお立ち寄りください。九州の小京都と呼ばれている所です(主に気候が…)  あ、あと、ゆふいんの森号が停まりますよー…

こーひさ さん>

いやあ、褒められているやらいないやら・・・(笑)
カスドース、一個一個大切にいただいております。
重ね重ねになりますが、御礼申し上げます。

主に気候が小京都??
調べたら、夏暑くて冬寒いとの記述が・・・。

キハ71系ゆふいんの森・・・いいですねえ。
JR九州の特急はユニークかつおしゃれな車両が多いんですよね。
次の九州旅行は列車で回ろうとます。

オヤジギャグもとい、男の華麗なる言葉遊びはですね、
最近はずいぶん控えているつもりなんですが、どうもウチの
ボンは創造力豊かみたいでして・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/292-65ae65c6

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。