タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山のふもとで暮らしていた その2

11日のブログの続き。

この青梅の4年間では、絵を描いたり家具や彫刻を作ったりと、創作活動
に力を入れていた。
特に高校の時から始めた写真に入れ込む。
親戚の形見のニコンF2で、身近な自然や巨木をテーマに撮りまくった。
その中から気に入った写真をポストカードのセットにして、近辺の商店
などに置いてもらうように頼み歩いた。

いつしかそれが奥多摩に住むある作家の目にとまって連絡をもらい、
「あなたも奥多摩へいらっしゃい」ってな風にとんとん拍子で奥多摩に
移り住むことになった。

この家が素晴らしかった。
築40年くらいの木造平屋建て。かなり古くて家全体が谷側に傾いてる感
じがするし、家の中でも気を抜くとすぐ蜘蛛の巣ができるし、もっと気
を抜くと蜂の巣ができる(笑)。
それでも3つの部屋がすべて南向き、しかも目の前が山!
mountain.jpg
この眺めがごちそうだった。

さらに家賃も安い!…という最高の場所で、私にとって言うこと無しの
家だった。
とはいえやはり都会で生まれ育った私には、わかっていたつもりでも
予想以上に大変だったご近所付き合いなど、苦労させられた部分もある。
その辺を書くとメチャクチャ長くなるので、また次の機会にでも。

この家で暮らし始めて2年後に結婚、3年後に子供ができたことがきっか
けとなり、再び都会に戻り現在に至る。

奥多摩での生活では素晴らしかったが、いますぐまたあの生活に戻りたい
とは思わない。したくても出来ない…というのもあるが、次に都会を離れ
るときは、そこで一生暮らしたいと思ってるので。
家族が反対するかもしれないけど。
関連記事

コメント

ドデカいムカデなど発生しちゃうようなところで新婚生活とは・・・
嫁さんにはハード過ぎじゃないか?
奥多摩周遊道路走るには最高だけどねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/32-913f2de2

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。