タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『SS』をみた

そういえば、ニューイヤーミーティングの帰り道に『SS』を鑑賞してきたんだった。
このブログで以前にも書いたのだけど、この映画の原作となった同名コミックが大好きなだけに、大きな不安と小さな期待と共に複雑な気持ちで公開を待っていた。

映画の内容をどう感じるかは人それぞれ、あくまでも個人的な感想を以下に書く。
先に作品を観てから・・・という人はご注意を(ただし、東京ではもう上映は終了してます)。


 ↓




 ↓






 ↓






果たして、大きな不安はそのまま見事に的中した。
この作品のもっとも大切な部分、原作では幼少期の映像とシンクロし「僕は頑張ったでしょうか?」という自らの問いに対して行動で答えを見出そうとする前向きな主人公であったのに、映画ではそんな幼少期のイメージはカットされ、主人公は単にラリー競技に未練を持つ中途半端な態度のお父さんとしか描かれていない。このロジックが描かれないということは、主人公に呼応して変化していく周りのキャラクターも活かしきれないことにもなり、致命的だ。
映画のことなど何も知らない自分が言うのもなんだが、これではハッキリ行って映画化する意味はない。それは、主演の哀川翔よりも準主役の遠藤憲一のほうが主役に見えたりする点にもこの作品のブレが表れているような気がする。

唯一、車の走行シーンでは一切CGに頼らないというスタンスは評価できるものの、何度も同じ映像を使うのは興ざめだし、困難であろうともやはり首都高を走るシーンは再現してもらいたかった。最後にWRCに出場するというのもいささか短絡的だし、そんなにブランクある人間が世界クラスの競技に復帰できるほど甘い世界でないということは、この映画を観にくる人間なら誰でも知っていること。

他にももっと不満なことはあるのだが、何よりガッカリしたのは、パンフレットに書かれていた原作者:東本昌平のインタビュー。

 Q:連載を始めるきっかけは?
  「小学館スペリオールからの依頼は、“疲れたお父さん”を応援する
   自動車まんがを、というものでした」

東本氏が自発的に書いたんじゃなかったのね・・・

関連記事

コメント

やはり。。

こんにちは。
C2乗りのtanさんとも話してたんですが、RS200が出ない時点でだめだろう。。
っていう結論でしたw 

nagさん>

確かにそうですね。
代わりに劇中に出てきたフォーカスもWRカー“もどき”みたいだったし
走るスタリオン4WDが映像が観られるだけでも満足、って人は
ごく限られた数しかいないでしょうしね。
まぁ車のほうは最初から期待してなかったんですが、肝心のストーリー
がアレでしたんで、どうしても厳しい意見になってしまいます。

そういえば・・・

去年の秋ごろ、岡崎でスタリオン4WDが走ってましたよ?
あれは、レプリカなのでしょうかね?

あまりに珍しくて、目で追ってしまいました。

いなちょすさん>

おお、それはたぶんこの映画のプロモーション用に
三菱から駆り出された本物かも?
黄色でした?

いろ

白のような気がしましたよ

以前、べ○トカーにも目撃情報が載っていたので、それがこちらに来たもかもしれませんね。

浜名湖サービスエリアでは、トヨペットクラウンがいたり、1号線にはランチャ・ストラトス(れぷりか?)が走ってたり、こっちには変な車が多いですからねぇ。

いんsちょすさま>

白?でしたか。少なくとも2台は公道を走れるスタリオン4WDが存在してる
ってことですね。あ、そういえばスタリオンもラインナップしてるミニカーが
発売中だったなあ。
http://www.cmscorp.jp/products/wrc17_mitsubishi03.html
欲しいけどお金ないや・・・

> こっちには変な車が多いですからねぇ。
確かに(笑) ・・・車だけ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/331-ea0b1d1b

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。