タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回F.I.A.T. RUN

5月11日の日曜日は、自分も主催スタッフとして名を連ねるF.I.A.T. RUNの第3回目の走行会だった。

IMG_8108.jpg

開催場所こそこれまで同様スポーツランドやまなしというミニサーキットだったが、これまでと大きく違うのは、埼玉は深谷のフランス車ショップcarol(キャロル)さんのお誘いによりJ.P.C.C.と共催となったこと。

IMG_8123.jpg

手探り状態から始めてわずか3回目でこの嬉しいお声掛け。プジョーやシトロエンを駆る強者が集まるJ.P.C.C.と、どちらかというとまったりモードのF.I.A.T. RUN。期待とほんの少しの不安が入り交じりながら、イベントを当日を迎えた。

IMG_8130.jpg

ご存じの通り、日曜日は雨。しかも寒い。そして、峠道のようなやまなしのコースは、ウェットだとかなり怖い。だからと言って延期というわけにもいかないのが、走行会の過酷なところ。天気の好転を信じるしかない。

IMG_8715.jpg
カラフルなF.I.A.T. RUN参加車両たち。


IMG_8824.jpg
シトロエンC2@koi-d号
前回よりタイムアップできたでしょうか?


IMG_8844.jpg
同じくシトロエンC2@taka308号
目が充血するほどの?熱い熱い走りで周囲の注目を浴びて・・・


IMG_8743.jpg
フィアットプントHGT@いなちょす号
・・・は、残念ながら軽くクラッシュ。クルマ直してまた参加することを約束してくれた。


IMG_8822.jpg
アルファロメオ156ツインスパーク@T-shita号
前回はルーテシアでの参加。今回は車両乗り換えで望みます。


IMG_8829.jpg
フィアットプントHLX@オセーゼ号
これまた熱い走りで場内を騒然とさせた男。名前にだまされてはならない。


IMG_8842.jpg
フィアットプント・スポルティングアバルト@こばち号
祝・3年ぶりのサーキット復帰!初めて走るコースなのに、速いタイム出してました。さすがは年の功、と言ったところか(笑)

残念ながら今回エントラントとして集まったのはこの6台のみ。しかし、いずれもリピーター(もしくは顔なじみ)でもある。気心知れた仲間なので、和気あいあいと楽しく過ごすことができた。

長く降り続いた霧雨も午後に入るとようやく止み、この日最後の3回目の走行枠では待望のドライコンディションとなった。どんどんタイムアップしていく楽しさと言ったら!・・・そう、今回は我々スタッフも存分に走行を楽しむことができた。それもこれもJ.P.C.C.の方々がオフィシャルを手伝ってくれたから。皆さんとても気さくで、走行マナーも良く、このイベントの成熟度が伺い知れる。

そんなJ.P.C.C.やその他のマシンを少しだけチェック。

IMG_8640_20080513024035.jpg
まずはゼッケン#1のプジョー206RC。派手なステッカーが一際目をひく。そして速い。


IMG_8540.jpg
#2も同じくプジョー206のXs。


IMG_8552.jpg
#7は過去2回F.I.A.T. RUNに参加してくれている‘むぎ’氏のシトロエンシャンソン。
後ろは#17のシトロエンC4。


IMG_8900.jpg
個人的に渋さを感じてカッコイイと思ったのがこの#18シトロエンBX 16V。


IMG_8333.jpg
#20はプジョー406ブレーク。


IMG_8901.jpg
#4のプジョー306Xsiはちょっと次元の違う速さ。すわコースアウトか?と思わせるような走りでも絶妙なコントロールで立て直す。震えました。


IMG_8735_20080513024051.jpg
走行会の枠ではアルファ156GTAや


IMG_8759.jpg
BMW MINIクーパーS、


IMG_8751.jpg
それにロータスエリーゼ(カッコイイなぁ・・)なんかも入り交じり、バラエティ豊かで見ていてとても楽しかった。


そして、実は今回carolさんのご厚意により、この日最後の競技でもある30分の耐久レース「J.P.C.C. GT」に、特認としてエントリーが許された。ふって湧いたレース話に、喜んでばかりもいられない。「勝ちに行く」つもりで前日からシートを外す気合いの入れようのゾンター号、当日の朝になってタイミングベルトがタテに激しく裂けているのを発見。どうしてアンタは本番に弱いのよ・・・。

IMG_8482.jpg
ということで、ゾンター号は念のため出走を取りやめ、代わりにF.I.A.T. RUNのスタッフ一員で、GTレースの第2ドライバーにも名乗りを上げた“F.I.A.T. RUNの良心”ことペン太弐号氏のプントHGTで急遽出場することにした。

IMG_8860.jpg
J.P.C.C. GTのルールをざっと説明すると、ローリングスタートで開始、きっかり30分後に最も多く周回をしたチームが勝ち。ドライバー2名でツインカムエンジン車は3回、シングルカムエンジンは2回、AT車は1回、ドライバー交替を義務づけ。そのドライバー交替の際は、ピットレーンに先着順で縦一列に駐車、先頭車両のみ交替が許される。つまり、ピットインのタイミングを誤ると、ひどい渋滞で大幅にタイムロスしてしまう。ただし、スタート直後の5分間はピットイン禁止。いずれにしろドライバー交替のタイミングですべてが決まると予想、これは何事もカタチから入るのが信条のワタクシ、ここぞとばかりにレース用のサインボードを前日に制作。果たしてその出来栄えは・・・


IMG_002_20080513023840.jpg
・・・なんか中途半端。 ↑チョット引いてるDAISUKEさん・・・                   撮影@オセーゼさん



さて、レースのほうは予選の代わりにジャンケンにより9台中5番グリッドを獲得。私タニシ監督の指令によりゾンター→ペン太→ソンターペン太の順に交替することに決定。緊張するスタートを、サーキット走行の経験豊富なゾンター氏に任せ、栄光のゴールをオーナードライバーであるペン太氏に体験させてあげたいという、細かい気配りと現実的な勝算の組み合わせが見事な作戦だ。

IMG_8862.jpg
さぁ、いよいよレース開始!この高揚感がたまらない!
ピットレーンがオープンとなっても、実力折り紙付きのゾンター氏に、しばらく運転を続行させる。この作戦が効を奏し、他のクルマが次々とピットインし渋滞、ナント一時期我がチームはトップを走ることになる!

前がクリアーな時にどんどん走らせ、ようやく1回目のピットインの指示を出す。
IMG_8885.jpg
制限速度20km/hでピットレーンを入ってくるF.I.A.T. RUN-HGT。幸い、ピットはクリアー。

IMG_8891.jpg
せっせとドライバー交替。ハーネスの長さ調整に少し手こずったか?

IMG_8898.jpg
快調に飛ばすペン太氏。「メッチャ楽しかった!」とは本人の談。
数周後にピットインの指示を出すも、ピットに入って来ない・・・。
「自分の前に2台ほどピットレーンに向かうクルマがいたので、スルーした」んだそうだ。ナイス状況判断!
次の周回でピットインするものの、先着車両が1台あり、若干のタイムロスを喫する。再びゾンター氏の長めのドライブ。
IMG_8876.jpg
プジョー306とのバトルを楽しんでいるようだ。
C2に乗るtaka308さんたちからも「こりゃープントを応援しちゃいますよぉ!」と、楽しんでくれている様子。

タイミングを見計らって最後のピットインの指示。ほんの1周か2周したあたりでゴール!
果たして結果は・・・

・・・この続きはF.I.A.T. RUNのホームページに後日掲載予定の、ペン太氏入魂のレポートをお待ちください。

ともかく、大きなアクシデントもなく、こうして無事に第3回目のイベントを終わらせることができた。
未熟な僕らに声を掛けていただき、至らない点の数々を温かくフォローしてくださったcarol代表のよしともさん、J.P.C.C.のエントラントやスタッフの皆さん、そして何より今回進んでオフィシャルを買って出てくれたF.I.A.T. RUNエントラントの皆さんに、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました!
関連記事

コメント

おつでした!

すごい詳細レポート!
あの日の感動がよみがえって、涙が・・・(笑)

公式レポこれで十分じゃない???なんてね。

画像を後日反省会ミーのときにいただくとして、
そっから合間みて急ピッチで報告ページ作りますよ~!

楽しそうだね~

みなさまお疲れ様でした。
タニシさんのサインボードは傑作です。
実際に見に行けばよかった。
今度は、小遣いためて参加するね!
いろいろ見どころがいっぱいな走行会でしたね。
いなちょすもクラッシュしていたし、でもついでに
エンジンオーバーフォールするらしいよ(笑)さすが
独身貴族!!!私もあやかりたい。

タニシさま、みなさまおつかれさまでした。

行きたかったっす~!

レースも大盛り上がりで、楽しそうですね~!
僕もサインボードの造形に度肝を抜かれました(笑)
次回こそは、また参加させて下さい!

おつかれさまでしたぁ

楽しかったです~^^
初めてプントを一生懸命応援しちゃいました^^
いつもいつも運営ご苦労様&ありがとうございます
また、よろしくお願いします

そだ、ちょびっとですが、最後のレース模様を
動画と画像撮ったんですが、どうしましょうか?

まとまりのない

レポになっちゃいました。疲れが抜けてませんね。

ペン弐さん>
まぁこのブログのことは気にしないで、公式HPでビシッとお願いします。
最後の部分は取っておきましたから。画像メディア、明日にでも送りますよ。

しばさん>
しばさんが来なかったから、上位3名にフィアットがいないという由々しき
事態ですよ!なんてね。いつもよりにぎやかで楽しかったですよ。
もしかしたら次もJ.P.C.C.さんと一緒にできるかも、なので家を担保に
入れてでも是非とも参加してね。

サインボードは・・・

かわしんさん>
サインボードはね、最初はただの段ボールだけにするつもりがゾンターさん
から「変なのにしてよ」とのお達しがあって中途半端に力を入れるハメに・・・。
決して度肝を抜くほどのもんじゃないデスヨ。走りのほうに力入れないとね。
機会が合えばまた是非に。


taka308さん>
応援ありがとうございました~。また一緒に遊んでください。
動画と画像ですか、いただきます。画像はメールで送っていただくとして
動画のほうは動するの画いいでしょうねえ・・・。
メールさせてもらいますね。

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。
素晴らしいレポートですね!!
ホントにお疲れ様でした。

JPCCの猛者が集まると聞いて内心びびってましたが、
勉強に見学に応援にステキな一日でした。
サインボードが焼き付いて離れません・・・

koi-dさん>

どうもです~。
JPCCの方たち、とってもいい人でしたね。カリカリした雰囲気だと、
なんか居づらいですもんね。

そんなに印象深かったですか?>サインボード
売出しちゃおうかな?相田みつをの詩は無断で使えないけど・笑

面白いレポートでした。

特にGTは監督冥利につきたと思います。
今度のGTはELXかな?そうすると1回ピットなので
かなり有利です。ちなみに勝利の方程式はトップ周回を1800秒で割って計算すると。。。。48秒台で1回ピットなら優勝できるんですね。
近日打ち上げしましょう。すでに次回開催の動きとってます。
JPCC連中からもFIATRUNは好評でした。みんないい人だしマナーも良くて紳士的だと。

よしともさん>

ありがとうございますっ
実は当日の朝、鬼っちと電話で話してたんですよ、
「ウェットだったらELXのほうがいいんじゃね?」って。
ドライバー交代1回は大きなアドバンテージですよね。
ただ、ELX、悲しいかなクセがありまして。あのCVTを15分の練習で
使いこなすのは難しいかなぁ、と。次回もGTあるんでしたらELX講習会を
開きたいと思います・笑

打ち上げ喜んで伺います!DVDをお土産に・・・できるかな?

TOM'Sワッペンのdaisukeさんが
「こいつらなんちゅうサイン出してんじゃ!
なんか秘密の暗号か?」
と呟いていそうな写真ですね

しかも監督の後ろの取り巻きがなんで爆笑なんだろう?

ともあれ毎回楽しいレポありがとう

それと、次回のためにも区間タイムの検証をしたいのですが
SLYのHPには載ってなかったんですが何処かに
各ポイントがわかるイラストなんかあったら教えてください

お疲れでした~

なんだよぅ。楽しそうじゃんよぅ。
その調子で11月の耐久に
出 て み な い か ? w

いや、

オセーゼさん>
daisukeさんの背中からは、完全に引いてしまってるように見えます。
そういえばこのサインボードの写真はオセーゼさんに撮ってもらったんでしたね。
クレジット入れとかなきゃ。

SLYのコース図、↓こちらなんかどうでしょう?
http://twinster.ld.infoseek.co.jp/circuit/sly/sly200.htm


オニさん>
う ん っ 、 す ん ご い 楽 し か っ た よ ~
耐久?誰のプントで?w

いいね~!

今度は、おいらのプントでみんなでる?(笑)
ちょっくせのつよい仕様になっているけどね(笑)
がんばって小遣いためておくよ~♪

おつかれさまでした。

小クラッシュの黒プンは入院してきました。

今回のFIAT RUNは長丁場でしたが、一日中飽きることなくとても楽しかったです。
JPCCの皆さんも気さくな感じで、ほんわかした空気が流れていたと思ってら、路面がドライになった瞬間、鬼の走りに変貌して「おふらんすの車ってこんなに早かったのかっ」と驚きました。

次回は11月ですか?それまでにリニューアルできてるかな?
いろいろ終わってたら、また参加します。

ゾンター号もメンテしなくちゃダメですよ(笑)

しばさん>
さてはレースと聞いて、相当ウズいてるでしょ?
いずれはF.I.A.T. RUNでもモータースポーツの底辺を支える?
レースをやってみたいですねえ。


いなちょすさん>
お疲れっした!いなちょすさんはF.I.A.T. RUNへの期待と思い入れが
誰よりも強かったので、強化したブレーキでもその勢いを止められなかったんでしょう・・・。
今後はこの経験をバネにして、更なるステップアップを目指してくださ~い。

オーバーホールのついでに、大幅な軽量化なども考慮に入れてみては?
強豪おふらんす車に勝つには、それしかない!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/348-a75e4d8d

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。