タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIAT FESTA 2009 ~我が闘走

昨日のフィアットフェスタについて書く。今回はテキストを中心にして、画像の多くは後で掲載する。

IMG_4616.jpg

1年に1度、日本中からイタリア車ファンが集まるこのイベント。
コンパクトな「INAサーキット」に、腕を競ってコースを走る者、ショップテントやフリーマーケットをのぞいて楽しむ人、同車種オーナーならではの会話など、その目的、楽しみ方は様々。

しかし、サーキット出走組のこのイベントに賭ける意気込みは、「走る者」と「それ以外の者」の2つに分けてもいいと言っても過言ではないくらいに歴然としている。誤解のないように言うと、走らなくてもそれはそれで正しいイベントの楽しみ方である。

ただ、筆者の場合は「走らない」のを前提でイベントに行くことは、考えられない。きっとすぐに手持ち無沙汰になり、ムズムズしだし、早々に下道を帰ることになるだろう。
ここを走ることで得られる一種の陶酔感、気持ちよさは会場周辺の風光明媚な環境とも相まって、特別である。一旦その味を知ってしまった「オイルジャンキー」たちが今年も集結、派手なカラーリングが施されたボディはうららかな陽光を浴びて、いっそう宝石のように輝いている。

朝4:00、このイベントを楽しみにしている息子を連れ、自宅を出発。
夜明けとともに西へ移動する車窓からの風景が、気分を高揚させる。まだ白い富士山、蛍光グリーンの若葉、淡いピンクの山桜に、まぶしいコントラストを投げかける空の青さ。トンネルに入ればオレンジの人口光による点滅で非日常感を作り出す(いくらなんでも大げさ)。

途中PAで朝食を摂り、狙い通り7:00のゲートオープン直前に会場に到着。

IMG_4434_20090430235301.jpg

知った顔への挨拶もほどほどに、準備を始める。今回は初めから助手席を取り外して軽量化。

息子をコースが見渡せるデッキに連れて行く。万が一、パドックで事故でも起こしたら大変である。
自分が戻るまでここを動かないように言い聞かせる。

1回目の走行はコースとクルマのチェックを兼ねた慣熟走行。
今年はINラップOUTラップ含めて6~7周は走れただろうか。
昨年の実質1周と比べると、じっくり走れて好感触である。

さて、今回筆者がエントリーしたのはフェスタアタックCクラス。
フェスタアタックは大まかな排気量別に分別される。
同じCクラスを見渡すと・・・


IMG_4459.jpg
隣には、FIAT RUNに以前参加していただいことのあるNKさんのプントHLX。
イベント初参加でコース初出走、しかも小さなかわいいお子さん2人と奥様、満載した荷物とともに颯爽と現れたツワモノである。久々にHLXが走ってくれて嬉しい!


IMG_4456_20090430235301.jpg
アウトビアンキY10を駆る万歳さん。後で知ったのだが、昨年筆者に敗れたことに闘志を燃やしてこられたとか。とても光栄である。20年、19万kmもの距離を走った個体であれだけの走りができるのは見事というほかない。


IMG_4455.jpg
そして今回、あわよくばタイムで上回りたいと思ったNEW PANDA100HP(左)とグランデプント。
オートマ80馬力のELXは、95馬力のグランデプントと100馬力のNEW PANDAにどれだけ対抗できるのか。

その他にプント1が1台、プント2が1台、NEW500が1台の顔ぶれ。筆者を含めて8台である。

慣熟走行が終わると、itamonoさん親子、ペン太弐号さんと相方さん、いなちょすさんなどの知り合いが顔を出してくれる。楽しく談笑を・・・思っていたのだが、先ほどフリーマーケットで安値で購入した「ミニ四駆」を作ってくれと息子にせがまれ、なぜかサーキットで工作をする羽目になる、ダメ親父であった。

と、ここでこの日のキーマン登場。
二日酔いと寝不足、そして東京からバイクに乗っていい~感じにオラオラ状態のたけたけ氏である。
たけたけ氏は知る人ぞ知る、プントスーパーラップ(プントによるワンメイクのタイムアタック競技。フィアットフェスタの枠を借りて開催。通称:PSL)の発起人にして放棄人(!)であり、かつてはJAFの公式戦にも参戦経験を持つ。
PSL解散後は4輪から2輪にスイッチ、モータースポーツから遠ざかっていたようだが、昨年からカートチームを立ち上げて筆者も含めかつてのPSLメンバーでお手軽なレースを楽しんでいる。
一方ではフルートなどの楽器演奏、映像、コンピューター、など幅広い趣味と仕事を両立している謎な人物である。最近は酒の量が多いことを自他ともに認めている。

PSL以来、久しぶりに伊那に来た彼のひとこと
「やっぱ、落ち着くなぁ。」に、思わずニヤリ。

一呼吸ついてから、筆者のクルマの周りをウロウロしだす。落ち着く場のハズなのに、落ち着かないらしい。
指示されるがままに工具を渡すと、ホイールナットの増し締め、タイヤの空気圧などの調整をしてくれる。
たけたけ氏の中のスイッチが入ったらしい。
過去、あれだけ走って頭に叩き込んだであろう伊那のコースの攻略法をもとに、筆者ばかりでなく同じクラスのドライバーにもアドバイスを始める。

11時過ぎ、タイムアタック1本目の時間がやってくる。
コースに入る前の緊張感が、また心地いい。

後ろのクルマに追いつかれることもなく、前のクルマに迫る感じで走りきる。手ごたえとしてはまあまあ。
ただ、インフィールドに入ったところの5コーナーで昨年スピンを喫した影響か、ラインもアクセルワークもちぐはぐな印象。

発表された筆者のベストタイムは57秒145。8台中、3番手である。しかし、トップのクルマとは約0.3秒差。
子供を連れて来ている以上、安全マージンを取り除く走りはできない。が、なんとかなりそうな微妙な差ではある。
午後の走行で勝負が決まる。

昼食までの間、再びミニ四駆を作っていると、近くにいたペン太さんが「すげえ。ホイールがちぎれてる・・・」。
「どこどこ?どのクルマ?」と視線の先を見ると・・・あれって「旦那」さんのランチア・デドラ!?
しかもたけたけ氏がなにか作業している!慌てて走り出す。
放送で「ホイールが脱落しましたねえ」という声は聞いていたのだが、まさか旦那さんのデドラだったとは!

旦那さんは無事なようでひと安心。タイムを出す前のアクシデントで無念そうだ。
左フロントのスポークが細めのホイールが、ハブの周りだけ残して見事に破断していた。

それにしても・・・ただの見学のハズなのに、呆然と観ているだけの周囲をよそに、いつの間にかメカニックを率先して引き受けているたけたけ氏。
「身体が先に反応しちゃうんだよねー」とは本人の言葉。たしかに落ち着いているようだ。
その後も自走で帰れるようにとフェンダー周りの板金作業を手伝っていた。

暑く感じられる日差しのもとでランチを平らげ、しばしまったりとした後の午後2時過ぎ。
いよいよタイムアタック2本目の時間である。

たけたけ氏に完全にクルマの調整・・・と言ってもできることは限られるのだが・・・を任せ、受けたアドバイスをもう一度頭の中で繰り返す。普段は整備も調整も全部自分でやるからそういうものだと思っていたが、こうしてプロドライバーさながらの境遇を体験させてもらうと、気持ちに余裕があればこうも違うものかと実感する。
たとえばスタート前、ゲートに並んでいるときに「OK!いってこい!」とルーフと叩かれるだけで、いつもより速く走れるような気になるのは、新鮮な驚きだった。

前車と一定の間隔をあけて、コースイン!

1152329901_220.jpg
画像提供:itamono氏


タイヤに熱が入るように、初っ端からペースを上げて走る。
ん?後輪が滑りやすい?でも、それほど恐怖感は感じない。課題の5コーナーもすんなりといける。
なるべく速度を落とさないよう、コーナーでは直線的に、時には大胆に縁石を超える。
最終コーナーで若干横滑りをするも、ひるむことなく2コーナーまでアクセル全開。

ああ~、楽しい!!思わず叫ぶ。

3周ほど重ねたころ、周回遅れをきっかけにして暫定トップと2位の2台が丁々発止を演じていて、まもなく2台に追いつく。
タイムの接近している者同士だが、レースではないので無理にパスしようとは思わない。タイムを狙うのならお互い一旦スペースを空けて仕切りなおしたほうがいいのだが、そんなのはもうお構いなしとばかりに、3台ともまるで子供のように無邪気にレース気分を味わう。

結局そのままチェッカーが降られる。コース脇でたけたけ氏がひとさし指を掲げているのがちらっと見えた。
「ん?ファイナルラップってこと?」などと間抜けな思いが一瞬よぎるも、まさか、まさか、と心の中で唱えながらパドックに戻る。

たけたけ氏が窓越しに言う。
「よくやったな!(クラス)1位だぞ。」

「・・・信じられない!」というのが正直な感想。
でも、確かに今までとは違う走りができたという自覚はあった。

続々と友人たちが祝福に来てくれる。ライバルともにこやかに握手を交わし、互いの健闘を讃えあう。

PSLで初めてサーキットを走ってからおよそ6年。初めて立つ表彰台の頂点。
ここをプントで走る人が減ってしまい、最盛期を知っているだけに寂しく思うときもあったが、続けてきて良かった、と思える瞬間だった。
なんせ初めて走ったときのタイムは1分11秒という不甲斐無い成績。このときの悔しさをバネに自分なりに頑張ってきた結果、と胸を張って言える。
と同時に「セオリーどおりにやっただけ」と謙遜する、たけたけ氏の的確なサポートのおかげでもある。ちなみにリアタイヤの空気圧は、かなり高めに設定されていた。滑るわけである。

今回の目標も達成でき、過去のベストタイムも更新(56秒523)でき、1年間ことあるごとに「おとうさん、今度は優勝してね。」とプレッシャーを与え続けてくれた息子への何よりのプレゼントにもなった。

シャンパンファイトならぬ「ウォータファイト」のときの一言インタビューでは喜びのあまりつまらないことをしゃべってしまったが、それもまた新たな修行のひとつ、か。

たけたけ氏をはじめ、一緒に走ったエントラント、応援してくれた知人・友人にこの場でもって御礼申し上げます。

IMG_4760.jpg
関連記事

コメント

やったねー!

ついにてっぺんだねー。次はゾンターさんを抜いてくださいw
画像とか動画とか楽しみにしてますよ^^

お疲れさま~!

そして、おめでと~~っ!!

念願の頂点ゲット!いいね~タイムを競り合っている時間の何とも言えないあの感じが伝わってくるよ~。

おっ

良いタイムだね~。
ジュニアも嬉しそうだし最高だね(←真面目にコメントしてみる)

今からイカ釣りに逝きます。

おめでとう

非常に勝ちたかったけど素直に負けて悔しいです

やはり実力の差が出たのだとは認めがたく
経験の差というかチームタニシの総合力というか
愛息の激励というかすべて昨日の私に無かったもの
の力も大きいのかなーと、見えないもののせいに
しようとしている自分が恥ずかしいですが、
ついつい熱くなってY10とバトルをしてしまうとタイム的
には×ですね
個人的にはレース向きな性格だなーとあらためて思った
一日でしたが、次回は絶対に負けません
目指せ55秒台!!!

こんぐらっちれーしょん

ども。FESTAお疲れ様!
表彰台のてっぺんオメデトウございます。

FIAT RUNスタッフ代表で素晴らしい結果を残していただき、
嬉しい限りですな~!

たけたけ氏の秘策もあったのでしょうが、
兄貴の長年の積み重ねでもあるでしょう!

ちょっとおいらもウズウズしちゃいましたよ ̄▽ ̄
今度は目指せ!55秒台ですね!

やる~!!

やったね!
ついに頂点をゲットしましたね!
やっぱり見に行けばよかったな。

おめでと~!!

おめでとうっ

優勝おめでとうございます。
今回は何か取材も受けておられましたよね。
やはり脱イロモノな感じが良かったのではないかと(笑)。

おめでとうございます~!

トップタイムですか~!すごい!
来年は防衛戦ですね!
あと、やさいシールの使い方が新鮮っす(笑)

おめでとう!!!

最後まで残っていられたら表彰式を見る事ができたのですね。
私たちは、夜の目的の為に勇士を見ずに帰ってしまって残念です。
取材されてる写真とかその他何点か有るのでCDで送ります。
息子さんへ家の愚息からお手紙も書かせますから。(笑)

スゴイですね!

昼食後、戻ってきたら、ちょうどアナウンスが聞こえてきました。

ついに栄冠を勝ち取りましたね!おめでとうございます!!

やったね!

あの美酒(?)は、勝ったものにしかわからん味ですね。
頂点は、努力したことがはっきり周りから見える位置です。
コレにおごらず、頂点を極めてやってください!

駄文へのお付き合い、誠に有難うございます

みなさま、たくさんのあたたかいコメント、本当にありがとうございます。
一文字一文字がたからものです。
これもひとえに僕の実力・・・じゃなかった、みなさんの様々なサポートの
おかげです。プントを選び、ブログを始めてホント良かったと思っています。
これだけ読んでくれてる人がいるからには、簡単にやめるワケにはいかなく
なってしまいましたが、今後も細々と続けていく所存ですので、どうか末長く
宜しくお願いいたします。

では、個別のお返事いきまーす。


オニさん>
会場にオニさんのウノタがいないかどうか、探しちゃったよ。5秒だけ。
今回動画はナシですわ。でも車載カメラ積んでたらかなり面白いチェイス
が撮れてたに違いないから、ちょっとMOTTAINAIかな。
ゾンターさんを?そんなこと怖くてできないや。
とりあえずウノタの内装むしることから始めようか。


ゾンターさん>
あの悪夢の本庄クラッシュから、ここまでオトナになりました(笑)。
あなたに教わったことも数知れません。ありがとう&ありがとう。
競り合ってはいるけど、今回は終始リラックスして走れたから緊張感さえ
心地よかったですよ。結果を気にしないで、今までと違うアプローチを積極的
に探ったのが逆に功を奏したのかも・・・(って、今ならなんとでもいえますな)。


ゾーゾーさん>
お、真面目なコメントが逆に怖いぞ(笑)。
ジュニアが喜んでるのは、たぶんミニ四駆のためです。
自慢すんのが得意なんだよなぁ・・・ったく、誰に似たんだろ。
ダイオウイカ、釣れた?


プント2さん>
どうもお疲れ様でした。
初めて走るのと、たとえ年1回でも5年間毎年走ってるのとでは、差があって
当然ですよ~。正直、もっと差をつけたかったと思ってるくらいです(笑)。
お世辞でもなんでもなく、パッと乗ってあのタイムを出せるのは実力がある証拠です。
次は一緒にお立ち台に登りましょう。


ペン太さん>
応援ありがとう!
FIAT RUN代表?悪いけどこの日はその肩書きは忘れさせてもらったよ。
とにかく自分が楽しむことが大切なわけだから。なあんて。
たけたけ氏の秘策、本人に言わせると何もしてないそうです。楽しんでただけ、だって。
案外そんなもんです。ウズウズしてるのに我慢できるあなたはえろい!じゃない偉い!
55秒台?お金ないので無理です(謎な問題発言)。


しば@編集長>
いやー、レアな光景なんで、是非見てもらいたかったかも。なんて。
来年は編集長も是非!「少しの白煙」とやらを出さないよう、しっかり整備して
くださいね。
あと、サインボードは普通のが一番だと思います(笑)。


いそちゅうさん>
ありがとうございます~。昨年、勇気を出して話しかけて良かったです(笑)。
知り合いが多くなれば、それだけイベントの楽しみが増えますね。
そうそう、取材。びっくりしました。ここぞとばかりに子供をたっぷりダシに使いました。
これについては後日、タイミングを見計らってアップしようと思ってます。
脱イロモノ?テーピングのことでしょうか?
一抹の寂しさがなかったわけじゃないんですが、たしかにアレやってたら取材は
されにくいかもしれませんね・・・。
来年またお会いできたらよろしくお願いします。


かわしんさん>
やさいシールに触れてくれてありがとう。
相変わらずやさしいな、かわしんさんは。しかもイケメンだし(笑)。年賀状もセンスいいし。
いそちゅうさんとも知り合いだし。ああもう、褒めポイントがいっぱいだ!
ちなみにあのやさいシールはホウレンソウとかカブとかを束ねるのに使う本物で、
粘着力が弱めなので真似しないほうが賢明です(しないよね)。
そう、防衛戦、なんですよねー。たやすく崩れるシロモノっぽいですが。頑張ろっかな。


itamonoさん>
ミクシィに一言書きましたが、さっそく画像使わせてもらいました。
ありがとうございます。当日はウチのチビも退屈せずに過ごせたようです。
表彰式までいたら遅くなっちゃいますよー。食べ放題の時間に遅れたら大変。
最後のジャンケン大会で賞品を入手できる可能性はありますが。
手紙嬉しいなあ。ウチのにも書かせますね。
愚息なんて言っちゃあ可哀想ってなもんですよ。せめて「スティーブン・せがーれ」とかね。
ナンセンスですね。理解してます。


taka156&PUNTOさん>
おお、そうでしたか。
そういや僕はこのイベントで昼食を食べに抜けたことは一度もないですねー。
再入場は可能なんですか?伊那周辺で美味しいところ、教えてください。
突然降って湧いたささやかな名誉に、まだ夢を見てるようです。
またオフなどで参加した際はよろしくお願いしますね。


旦那さん>
今回は残念でしたね。でも、トラブルはそれだけ経験値を増やすはず・・・
ですよね?
大事に至らず何よりでした。鬼の肉抜きデドラは復帰できそうですか?
それと私、当日は悪ふざけが過ぎて失礼なことばかり言ってたような気が
します。お詫びいたします。
美酒(?)は案外淡白なお味でしたが、たしかに高い位置から見た光景は
忘れないでしょうね、きっと。正直プントのCVTがいつ逝っちゃうかとドキドキ
するのが嫌なのでMT車を入手するまでサーキット走行を封印しようと
思ってたんですが、
これでやめちゃうと「勝ち逃げ」と言われること必至なので、もうしばらくは
コイツであがいてみようと思います(あ~、書いちゃった)。

すごいじゃん

56秒台とはすごいじゃん。
着実に進化してるねぇ~
行けるとこまで行っちゃってください。

さぶろうさん>
あっざーす!(←ムリに現代風)
行けるとこまでいっちゃった人たちを見てるもんで、なかなか踏ん切りが
つきませんが、私なりに攻めてみたいと思います。
が、まずはみんなのカートのペースに追い付きたいと願う、齢35最後の夜です。

おめでとう!

あのタニツ君が一番高い所に到達するなんて
これもコツコツとやってきた成果だね

来年はタニツ君に挑戦させていただきます。

よしさん>
そう、「あのタニツが」ですよ。
よしさんを始め55秒台以上を出すスポアバのエントリーがないことに
助けられた結果なわけですけれども・・・。
挑戦といっても、もう結果は出てるでしょ~。

残念ながら来年の4月29日もウィークディなので
凸の頂上は来年「も」預けておきます(笑)

こばち先生>
来年のカレンダー、確認しましたか(笑)。
凸の頂上登っちゃうとあちこちから標的にされそうなので
微妙に距離を置こうかと(調子乗りすぎ~)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/426-a59b55c2

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。