タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩 山里歩き絵図

昨秋から約半年間にわたって制作したものが、この『奥多摩 山里歩き絵図』です。
まだ一般配布前ながら、町の担当の方から承認をいただいたので、ひと足お先に宣伝させてもらいます。
arukiezu2.jpg
この絵図の特徴は、なんと言っても奥多摩町内に21箇所ある集落ごとに作られていること。
どんな観光名所であっても、ここまで細かく区分けして作られた絵地図というのは、おそらく前代未聞ではないでしょうか。正気の沙汰じゃないと言われたことも(笑)。

もうひとつの特徴として、よくコンビニなどでも扱っているいわゆる観光ガイドブックと、登山のための地図、それら両者のあいだを埋めるような見所を取り上げていることです。※この絵図を用いての登山はできません。

登山するほどではないけど、適度に歩きたい。クルマで行っても奥多摩湖か日原鍾乳洞まで行ってUターンするだけでしょ・・・そんな人にこそ是非おすすめしたい絵図であります。
内容の写真はここではあえて掲載しません。ご自身で確かめていただきたいからです。
なお表紙に「21世紀21の宝さがし」とあるもの(写真中央)は、目次がわりの『総合ガイド』になっています。

絵図内で取り上げている見どころは、滝や巨木、神社仏閣など、いっけん「地味」です。
しかし、時代や流行に左右されない地に足のついた山里の暮らしの素朴さ、自然の豊かさや史跡の歴史などをのんびりと歩きながら満喫できる・・・そんな内容を凝縮して詰め込んだつもりです。

一人でも多くの人に奥多摩の魅力を感じてもらいたい、という町の意向により無料配布となるようです。町内の全世帯にも配布予定です。
一般配布の時期、入手先など詳しくはまだ決まっていませんが、今夏までにはJR青梅線・奥多摩駅前の観光案内所や町内の各有人駅、飲食店、都庁や新宿、有楽町、立川の各駅などにも置かれる予定です。また、この絵図を使ってのイベントなども控えています。

情報が入り次第このブログでもフォローする予定ですが、詳しいお問合せなどは奥多摩観光協会のHPなども参考にしてください(本絵図については6/5現在、未掲載です)。

この絵図を作るにあたり、各自治会長さんを始め、実に多くの地元の方にご協力いただきました。皆さんに感謝の意を述べるとともに、これは町全体で作り上げた絵図です、と声を大にして言いたい気持ちです。
奥多摩に遊びに来てくれる人はもちろん、現在奥多摩に住んでいる人にも土地の魅力を再認識してもらえたら、制作に携わった者としてこんなに嬉しいことはありません。
関連記事

コメント

山里歩き絵図

 いよいよ一般に配布されるのですね、おめでとうございます。
これが無料で配られるとは!
しかしこれだけの地図を作ったタニシさんも作らせた地域の方々のどちらもえらい!
この地図を持って奥多摩を歩いている人を見かけたら思わず話しかけてしまいそうだ。
「これタニシさんという人が作って・・・」
でも、この地図で近郊の方が奥多摩にたくさん訪れて楽しんでくれると良いですね。
地元の人にとっては当たり前になってしまって気が付かない価値って、地元以外の人が見つけたりすることもあるし。

すごいね~!

おめでとうございます。
すごいボリュームだったのですね。
これだけ完成させると、確かにやり終えた感が
ものすごいでしょう。さすがにこんなボリューム
私もやったことないかな。
成果物として、世にでていくと嬉しいですよね。

本当にお疲れ様でした。

懐かしい…

大作の完成、おめでとうございます。

なんともこういったパンフとか冊子は懐かしいです。
昔、自治体にまだ予算があった頃に徹夜で作り続けたのを思い出しちゃいました。

その場で多種なワープロテキストを自分でDOS変換して、マック(PowerBook)に取り入れて、相談しながらレイアウトして帰社、大量の紙焼写真をスキャニング、レベル調整し貼り付け、プリント出しで校正を提出。…で約納期2週間。大概が学芸員の校正待ち。辛かったです(涙)

タニシさんのブログを見ていると内容も自由度が高そうですし、写真も殆ど用意したようなので頭が下がります。納期も融通が利きそう?何にしても遣り甲斐がありますよ。

そういう仕事をさせてくれた奥多摩の方々って本当に素晴らしいですね。

私もたまに携わった自治体の図書館等に行って、その地の史書系ブースを覗きます。
そして自分が作ったものを目にすると昔の彼女にあったような…
なんとも甘酸っぱくて、辛いようなそんな気持ちになりますよ。

たまきさん>

ありがとうございます。
ちょっと勿体ない気もしますが、あれこれ検討した結果、無料に落ち着い
たようです。まあ最初から無料配布になることが前提で、手にした人が
思わず「勿体なくて捨てられない」モノにしようという意気込みで作りました
から、私自身は無料であろうがどちらでも構わないといったところです。

この絵図を企画した町民の方々は、会議になんと2年もの歳月を費やして
います。その方たちの努力に報いたい思いでしたし、制作途中のサンプル
をお見せしたときは皆さん大変感激してくれたので、私も自信を持って作
業を続けることができました。

> 気が付かない価値って、地元以外の人が見つけたりする
少々おこがましいかもしれないけど、そこは重要なポイントですね。
実際、既に「こんなものが近所にあるなんて、初めて知ったよ。」という声も
あるそうです。仮に私があのまま奥多摩に住んでいたとしたら、作れたか
どうか、わかりません。

とにかく私も、奥多摩でこれ持ってる人を見かけても「それ、オレオレ!」と
か言わないように、注意しようと思います(笑)。

しばさん>

どうもです~。
わかってもらえますか?このボリューム。
体裁としては、B6判の観音開きだから「案外、簡単に埋まるだろう。」と
思っていたのですが・・・。現実は甘かった。
普通なら、最低限でもディレクターがいて、デザイナーがいて、ライターが
いて、カメラマンがいて成り立つ仕事ですよねえ・・・。
ウチにももう一人スタッフがいるにはいるんですが、彼は奥多摩の地理
などが全く頭に入っていないので、ほぼ私一人で突っ走った感じです。
校了後、1~2週間は放心状態でした。
自分でも、ひと皮むけた、そんな気がします。ペリペリ・・・

yutaka-sさん>

お帰りなさいませ(謎)。
yutakaさんもこの手のものを手がけてましたか。日本史とか、もっと
しっかり勉強しとけばよかったと後悔しませんでしたか?笑

内容に関しては、全くの自由でした!
『奥多摩町誌』なる事典のように分厚い書物を貸し出され、そこから何を
取り上げるのも自由なら、歩くコース選定も自由。やりがいあり過ぎです
(笑)。
ただ、嘘は書けないし、危険なコースを歩かせるわけにもいかないから、
調査もそれなりに時間を費やしました。実際、ある自治会長さんが文書
で紹介してくださった見所(山中の小さな祠です)は、調査に行ってみると
道が崩れているうえに祠自体も半壊していて紹介できませんでした。

yutakaさんに譲っていただいたSCSI接続のスキャナ、今回ももちろん
大活躍でしたよ!本当に助かっています。

今回のこの仕事は一度限りじゃなく、版を重ねるようなことがあれば修正
も加えていくことになるでしょう。そういう意味でいえばこの絵図はまだまだ
現役のカノジョ。ときどきプレゼントを与えて、より美人に育てていく楽しみ
が・・・(ハイすみません、調子に乗りすぎです)。

初めまして

初めて来ましたが、とても興味深い発行物です。
奥多摩といっても青梅街道に沿って奥が深く枝道も多く、そういう細かい情報がなかなか得られないと思っていました。
発行されたらドライブついでに奥多摩行って置いてあるところを探してみたいと思います^^

お疲れ様。

タニシさん、お疲れ様でした。

おかげさまで、こちらも助かりました。
集落で配布する地図が少なくなってきてたのですが、ちょうどタニシさんの地図が完成するのとが一緒で、雛形として利用させていただきました。
奥多摩町のこと、実際に仕事をしていて良いイメージはなかったのですが、なんだやればできるじゃん!ってなぐあいに変わりつつあります。
それもこれもタニシさんのおかげですね。

ありがとうございました。

たなまさま>

あらら、どなたかと思えば「地味イタ」の管理人さんじゃないですか!
初めまして、ご訪問ありがとうございます。地味なイタ車乗りとしては新参者
ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
知り合いにスポアバからウノタに乗り換えた男がいますが、四苦八苦して
いて、先日などは中古の燃料タンク買ったそうです・・・。

ご存知とは思いますが、ひとくちに奥多摩と言っても広義には武蔵五日市
周辺や檜原村、山梨県の丹波山村や小菅村の一部も入ります。この絵図
で紹介しているのはあくまでも「西多摩郡奥多摩町」という行政区だけに
なります。
魅力が伝わりやすい情報って少ないんですよ、たしかに。
かと言って秩父の羊山公園みたいに芝桜をばーっと植えたりするのは
わかりやすくてお客さんも沢山来てくれるでしょうけど、それはちょっと違う
と思うんですよね。今のままでじゅうぶん魅力的なんですよ、ということを
内外にアピールする必要があったんですね。

ぜひ、本絵図をご利用ください。また感想などがありましたら書き込みを
お願いしますね。

高橋さん>

高橋さんにもご協力いただきましたね、ありがとうございました。
イラストレーターでもデータをお送りしましたが、お役に立てたのでしょうか?
最初のお約束からずいぶん年月が経ってしまいまして、申し訳ありません
でした。

> なんだやればできるじゃん!ってなぐあいに変わりつつあり
それはステキなことですねー!
私の手柄だなんてとんでもないですよ。まだ早いし・なんて(笑)。
時代が少しずつ変化してきてこの絵図で紹介しているようなものに価値を
見出せる人が増えてきたから、少しそのお手伝いをしただけです。
この絵図の評価がどうあれ、これが世に出るというのは手前味噌ながらも
すごく画期的なことだと思います。

高橋さんのボス(笑)に、また何かお声をかけられております。
近いうちにお邪魔することになると思いますので、よろしくお願いします。

お返事ありがとうございます

そんな、HPと言っても創設当初の仲間が櫛の歯が欠けるように減っていって、地味イタはもはや開店休業状態なんです^^;
もともとニフティーサーブというPC通信から始まったので、世代というのもありますね。
ですからひとりでぼちぼちやっております。

>芝桜をばーっと植えたりするのは わかりやすくてお客さんも沢山来てくれるでしょうけど、それはちょっと違う

ニューチンクェチェントがちょっと違うのに似ていますが、なんか分かります。
私も、手付かずというか、枯れた魅力とででもいいますか、そういう風景に魅せられるところがありますから。
でも枯れすぎていても怖さが出てしまう。
そこが「観光」の難しいところなのかも知れないですね。
昔の日本みたいな侘錆というか、そういうのがオシャレな時代になるといいんですけど・・・・。

ともあれ冊子発行を楽しみにしています^^





たなまさま>

> でも枯れすぎていても怖さが出てしまう。
まさにおっしゃるとおりです。でも、その丁度良い(と思われる)サジ加減を
地元の人に求めるというのも酷なんですよね。
「三丁目の夕日」のような古い町並みを押し付けがましく再現させられても、
ちっとも魅力を感じないワケですしね(笑)。

あ、もしかしてオニさんのことはご存知ですね?ミクシィを見ると。
お察しのとおり、上に書いた「知り合い」は彼のことです。
そのうちどこかでお会いできそうですね、よろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いいたします^^

地元の人に求めるのは酷<あああ・・・確かに。
奥が深いですね。

よければこちら、私のブログからリンクさせてください^^

おめでとうございます

金字塔になるようなお仕事、お疲れさまでした。
奥多摩には特別な思い入れがあり、数馬で買い求めた椅子を今も毎日使っています。
もう長いこと行ってないし、足もないのでなかなか行けませんが、行ってみたくなりました。
「絵図」「宝さがし」その響きだけでわくわくします。
地図の充実している、都内の書店とかに置いてあるといいなあ。

たなま さま>

観光地としてあまり洗練され過ぎていても、私のように却って冷めてしまう人も
いるので、ホントに観光は難しい・・・と思います。

リンクありがとうございます~
よろしくお願いします。

hazumiさん>

金字塔ですか?!いやー、そうですかねえ・・・そうかもしれません(笑)。
ちょっと頑張りすぎた・・・のかもしれません。

ほお~、数馬で椅子を?
どんな椅子なんでしょう?ちなみに数馬は檜原村になるので
残念ながらこの絵図には掲載されていません・・・。
でも是非奥多摩を訪れてみてください。
これから7月にかけて、数は少ないもののホタルが見ごろになりますよ~

そろそろ

配布が始まらないかな~と観光協会のHPなど見てるんですが、まだまだみたいですね。
その前に一度奥多摩にドライブ行ってしまいそうですけど・・・。
早く見たいなぁ^^

たなまさん>

まだなんですよ~。申し訳ない!
量が多いので、配布体制をつくるのが大変なのかもしれません。
動けるスタッフも限られてますからね(苦笑)。

本日頂きました。

今日、ダムのところで
全冊子1式を無料で頂きました。
帰ってからじっくり見てみて、
冊子自体の意義や興味深い内容に感動してしまいました。
感動したので自分のブログにアップしちゃいましたが、
もし問題があればご連絡ください。

元山陽ちとせさま>

コメントとブログでの紹介、ありがとうございます!
嬉しい限りです。
全巻をじっくり読むのもなかなか大変だと思いますが
興味を持たれた場所だけでも足を運んでいただけたら
幸いです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 奥多摩山里歩き絵図 拝読希望

T永さま

こんにちは、放置してしまっている当ブログにご訪問・書き込みありがとうございます。

巨樹巡り歩き、いいですよね。私も最近こそ忙しくてなかなか行けませんが
独身の頃は東日本を中心に巨樹巡りを楽しんでいました。

さて、お問合せの「山里歩き絵図」の件ですが、残念ながら現在私の手元にはございません。
ただ昨年後半に増刷していますので、町には在庫は豊富にあると思います。
JR奥多摩駅前の観光案内所、もしくは斜め前にある奥多摩町役場1階の観光産業課に行けば
ほぼ確実に手に入ると思います。また、町内各所の観光施設・飲食店でも入手可能なところがあります。

同じ巨樹好き、ということでご期待に添いたかったのですが、申し訳ありません。
入手されましたらご感想などお聞かせいただけると嬉しく思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/436-957c68f3

奥多摩 山里歩き絵図

 掲載しても大丈夫になったようなのでエントリー。  近々、奥多摩で地域ごとの散...

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。