タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっぴり介護

今日はちょっとびっくりする出来事が。

昼間、ウチのお向かいのお婆さんが助けを求めに来られた。
(私はこのお婆さんのご厚意で畑を無料で借りている)

行ってみると、お婆さんの家に訪問に来たというお客さん(この方も高齢の女性)が、玄関のコンクリートにぺたんと座り込んでいた。

なんでも、帰り際に自分の手押し車に手をかけたときにバランスを崩し、尻餅をついてしまったらしい。自力で立てないので、私(我が家)に助けを求めに来たのだ。

この方が昨年まで入院していたという整形外科医院に連絡をとり、私が急遽プントでその病院へと送り届けることになった。救急車を呼ぶほどじゃないように思えたし、呼ぶより早い。

自分の祖母(今年で95歳)を世話したときの経験が役に立ち(車椅子の扱い方とかね)、無事に病院の診察室前までこの方を送り届け、あとは病院のスタッフにご家族への連絡ともどもお任せした。

年を重ねると、ちょっと前まで当たり前にできていたことが、ふとした瞬間にアクシデントにつながってしまう。このお婆さんの場合、直接のアクシデントは転んでしまったことだが、ご本人からよくよく聞いてみると、同居しているお嫁さんと孫が外出したあとにふと思い立って、ウチのお向かいのお婆さん宅に訪問に来たという。
この「家族に行き先を告げずに外出すること自体が危険」という判断が鈍ってしまっているのだ。

車椅子で小さくなって
「あなた様にこんなご迷惑をお掛けしてしまって・・・すみませんね・・・」と何度も謝るお婆さん。
ウチの婆ちゃんと重なって見えてきて(まだ生きてるけどね)、自然と接することができた。
あらゆる意味で婆ちゃんに感謝だ。

早い回復を願う。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/450-e3a05369

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。