タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

306来る

プジョー306を引き取ってきた。今週水曜日のこと(つまりカマキリを撮ったあと)だ。
ようやく画像をいくつか撮ったので(携帯のカメラだけど)、ご紹介~。



306CA390677.jpg
以前も書いたけど、'99年式の後期型(N5)、「XSi」という、ホットバージョンの「S16」に次ぐ
良く言えばそこそこ走りを楽しめ、悪く言えば中途半端な、まさに私にピッタリのグレード。



306CA390665.jpg
ボディカラーは「プラチナグレー」という銀色。洗車嫌いの私にこれまたピッタリ。
バランスのとれたサイドビュー。



306CA390685.jpg
エンジンルームもこの通りノーマル。
2.0L、DOHC、最高出力132ps / 5500rpm、最大トルク 18.7kgm / 4200rpm。
ちなみにタイミングベルト交換済み。



306CA390683.jpg
タイヤはピレリP6000を履いてる。サイズは195/55-R15。ホイールは純正。
サイドウォールに無数にオゾンクラック(ひび割れ)が入ってるので、しばらくしたら替えなきゃ。



306CA390668.jpg
マフラーも純正。ルーフスポイラーも付く。



306CA390686.jpg
タイヤハウスの出っ張りがほとんどなく、フラットな荷室。ありがたい。



306CA390687.jpg
外装では助手席ドアに小さなへこみ(ピンクで囲んだ部分。写りこんだ白線がゆがんでる)と・・・



306CA390689.jpg
リアのライオンエンブレムのクリア剥がれ。いずれもほとんど気にならないレベル。



306CA390673.jpg
明るくて開放的な運転席。見切りも良好。ただし、物入れスペースは少ない。
そして、唯一気になるのが・・・



306CA390664.jpg
ステアリングのエアバッグ部分の樹脂塗装が「加水分解」によってベトベトしていること。
軽く触っただけでもこの通り。試乗のときに気がつかなかった・・・。こいつはなんとかしないと。



306CA390674.jpg
306のボディサイズはプントよりも若干大きいけれど、後席空間はプントより狭い。
足元や前後長はそれほど違いはなくても天井が低く、幅が狭い。
5人乗りの306でも、チャイルドシートを取り付けてしまうと後席に大人2人座るのは厳しい。

前後ともにドアが90°近くまで開くのは地味ながら美点。



306CA390692.jpg
あらまー奥さん、カセットデッキですってよ~。
S●NY製?タイマーまだ発動してないのかしらん?



306CA390693.jpg
あらいやだ、フタ開けたらこんなとこにもライオンちゃんが「こんにちは~」ですって!



306CA390675.jpg
さて、ちょうど10年落ちで走行距離56,000kmのこのクルマ。
車輌本体価格、30万円也。格安である。

価格が安いのには何か理由があるはず。お店ではその理由を聞き出すことはできなかった。
ぱっと見でここまで程度が良くて、すでに150kmほど乗ってるが特に不具合もないようだ。
自分でなんとなく察しはついてるけれど、もしかしたら何か他に持病を抱えてたりするのかも、しれない。
でも、それはそれで見つけられたらちょっと嬉しいような、怖いような。
何もなければそれに越したこともない。

記録簿から想像するに相当大切に乗っておられたであろう前オーナー、ひいては物を大切に扱う
日本人の国民性に感謝(いくらなんでも大げさだよ!)。

運転した感想などはもうちょっと距離を乗ってからにしようと思うが、久しぶりのマニュアル車、
がっこんがっこんやってシフト変える楽しさと言ったら!

それと、車輌乗り換えに伴いカテゴリを「プントの煮こみ」と「306の煮こみ」、また2台とは別の
話題用に「クルマの煮こみ」に分けた。
関連記事

コメント

おめでとーー

納車おめでとうです^^
綺麗じゃないですか~。
N5はいいね、速いもんw
しかし安いって?
どんでもない。
306は不人気でしたからw
206が圧倒的すぎだったんですよねぇ...。
個人的にはこのサイズはベストなんですがねー。
アホみたいな積載量があるくせによく走るし。
まープントほどの燃費はでないですが。
無事に納まってヨカッタヨカッタ。
来年のFFは勿論コレで出るんですよねぇ??????

いらない?

ポン付け出来るのかどうかは知らんが
FIAT純正CDデッキが余ってますぜ。

本題

つまんない冗談書いて本題書くの忘れた。

うちのHGTもダッシュボードが全面的にべとべとなんだけど
どーすんのがいいのかね。

とりあえず一部分は手元にある『ウルトラマルチクリーナー』なる
洗剤でひたすら磨いて、丁度一皮剥いた感じになったんだけど
ちょーメンドクサイのであとはほったらかしになってんだ。

先駆けとなって

オーバー10は怖くない!!って実証して下さい。(笑)
このぐらいの値段で数年持ってくれたら(失礼な言い方ですけど)
私も続いて行きたいなぁ。

やったね爆フラ

ワシの94年式35マソといい勝負ですな(笑)。
減点要素はマニュアル、カラー、へこみとどこかしらの消耗かと。
ただ、10年落ちてもちゃんと消耗品チェックしてたら欧州車って思ったほど壊れないんですよね。なので、弄れる方にはお買い得と思われます。
なんだかんだ、デルタも灰泥もコンディション良いし全開上等ですもん。
カセットはラジオと割り切り、壊れるまでほっとくのをお奨め。
他に使うもんあるでしょ?(^.^)

おっきたね!

ついに、きましたね。
この形いいよね~。自分の中では
プジョーが一番好きだった時代です。

ほんとうらやましい。
ながく付き合えるといいね!

また、こっちにきたらみせてね。

あー、ひさびさのMTだ。
なんか緊張するな~(何かに満々…)

はやく

壊れたってネタをアップしてください(笑)

オニさん>

どうもありがとう!
そう、びっくりするほどキレイだったんで即決しちゃった。
僕がヨゴす前に、早く見せておきたいよ(笑)。

> 来年のFFは勿論コレで出るんですよねぇ??????
フリマで?

こばちさん>

HGTもベトベトになるんですか。
クーペやムルティプラも多いらしいですね。
ネット見るとエタノールやアルコールで丁寧にふき取って塗装するっていう
方法がありますね。その後ベトベトしてこなければしばらく様子みても
いいんじゃないですかね?

FIAT純正デッキ・・・そこは4台目のために取っておくべきでしょう。

itamonoさん>

かの国では10万km走ってようやく慣らし完了と言うとか言わないとか・・・。

湿度が高く渋滞の多い日本は欧州車に厳しいですけど、海外に比べたら
日本の中古車市場は宝の山ですよ。豊富な車種にバリエーション、そして
本文にも書いたとおり、キホン「物」を大切にする国民性。
イヤになったらすぐ日本車に戻ればいいだけです。←実はこれも幸福なこと。

・・・などと輸入車素人の私が吹いてみました(笑)。

旦那さん>

10年落ちなんてまだまだヒヨッコの部類でしょうね。
でも、わたしあんまり弄れないんですけど・・・(汗)。
毎日乗ってやることでメンテナンスとしたいと思います。

デッキはそのままでいきたいですね。
この純正オーディオのみ、ステアリングコラムのスイッチで操作ができるん
ですよ。それより、昔のカセットテープを探すのが大変そうです。

納車おめでとう
来年からはFFじゃなくFBMだね

しばさん>

端整で飽きのこないデザインだと思ってます。
前期型の顔が好きっていう声を結構ネットでみたりもしますが。
HGTもいいクルマだと思いますよ。いっそ街乗り用にして
ロータスと2台体制いっときましょう!

yutaka-sさん>

乗る気満々なんですね、ドウゾドウゾ乗ってください。
でもいわゆる「フランス車の乗り味」ってやつを期待してると裏切られるかも。

あ、そういや色々とお世話になった「ぶるぶるプント」にも一言ご挨拶しないと
いけませんね。

ゾーゾーさん>

今日、オーディオ裏の配線をチェックしようとして化粧パネルの爪を
早速折りましたが、そんなのはネタの布石にもならないことは承知である。

よしさん>

ありがとうございます。
フレンチブルーミーティングね、まだ行ったことないから1度見てみます。
あ、たぶんFFも行きますよ。よしさん頑張ってね!

おめでとうございます!
306はシンプルだけどラインが綺麗で淑女な感じがたまりませんね。
こんなにステキなのにホントお手軽価格です・・・

スコスコガコガコ、ホント楽しいですねぇ^^

306

実は、306Maxiに刺激され輸入車好きになった車です。
シバさん同様、この頃のプジョー(106、306、406クーペ)がお気に入りです。
今でも見掛けると、振り返ってしまいます(笑)

綺麗ですね~。

ぷんと乗りが一人減ってちょっと寂しいところではありますが
まずはおめでとうございまする。

99年式、うちのぷんたろうと同級生・・・・ご対面できる時を楽しみにしてます。

koi-dさん>

どうもです。
サイドラインのくびれは購入意欲をかきたてられました。
とはいえ、バルケッタの流麗ラインには負けますけどねー(笑)。

いやー、シフトチェンジの楽しさもさることながら、めんどくささも
再認識しているところです。信号待ちから発進しようとしたら
3速発進しようとしてたりとかね・・・。
でも未だ発進でエンストはしていないのは、密かな自己満足です。

いなちょす>

おー、306Maxi人気。
あの頃のキットカーはみんなカッコよかったよね。
ワイド化されたボディはもちろん、4駆を2駆がやっつけるという構図が
燃えたんですよね。
ま、ウチのはモディファイとかせずにおとなしく乗るつもりですけど・・・

う~ちゃん>

ありがとう!
・・・ということで、例のレースを降りることになりました。
まあプントもまだ国内に生息してるからいつでも捕まえられるし。

そっか、う~ちゃんプントと同い年かぁ。勇気付けられました(笑)。
こんど乗ってみてください。

> 3速発進しようとしてたりとかね・・・。

ジムニーは4速発進までやったことある…。

こばちさん>

あー、ジムニーはエンストしないですよねえー。
昔乗せてもらったときは驚いたなあ。

ジムニーも気になるんだけど、さすがに1台体制はキツイでしょう?

日頃からふつーに定員乗車(4名)してましたが何か?

こばちさん>

それなんていう呪われたジムニー?笑

306のお写真拝見しました

こんにちは。ミク306コミュから来てみました。
いくつか読ませて頂きました。155とデルタは僕も憧れのクルマです。が、嫁も運転するのでタニシさんとは逆にオートマがないのがネックで諦めました(もちろん分不相応ってのもありますが (^^;)

お写真拝見する限り、99年型といえどもN5の前期型みたいですね。N5前期と後期(99年8月発表)の識別点は…
 ・サイドエアバッグ標準化
 ・クリアレンズ4灯式ヘッドランプ(いわゆるキラキラお目目)
 ・ボディ同色バンパー、モール(除く 蕪)
 ・サイドウィンカーレンズ白
 ・クリアレンズ丸形フロントフォグ
 ・電波式2ボタンキーレスエントリー
ってとこです。また、XSI は、蕪と同じデザインのホイールになりました。この後期型にもさらに最終年(2001年販売モデル)では色々細かい違いがありますが、割愛。(笑)

猫足なのは、N5ではStyle(N5M)とカシミール(N5XT)およびその直系だったStyleプレミアム(N5XT)の前期型(=N5後期の最終MC前 ややこしや~)、つまり 14インチホイールが標準のものまでって感じです。15インチの XSI はどちらかというと、獅子足と呼ばれる? S16 に近いと思います。

後ろのルームランプがリアドア開けても点かないのは、仕様の可能性もありますねぇ…。
長々と、失礼致しました。

柄紋さん>

おお、訪問&コメントありがとうございます!
ブログも開設しておられたのですね、306のナビ取り付けで検索したとき
拝見してました。

そう、私のはN5初期型になりますね。列記していただいた後期型との違い、
別に強がりでもなんでもなくて、私は全て前期型のほうが好みなんですよね。
黒いモールしかり、オレンジウィンカーしかり。
キラキラライトはちょっと心惹かれますが(笑)。
また、いわゆる「猫足」といわれる乗り味はスタイルのほうだ、と皆さんネット
に書かれてるので予備知識としてあったのですが、私、どっちかというと
固めのアシのほうが好みなのでXsiにして良かったなあ~と思ってます。

今日、リアのドアヒンジ周りを見ましたが、前ドアにある黒いスイッチは
(後ろには)無いですね。どうやら仕様の可能性が高いです。
ただ、それでもスイッチを「点灯」位置にすればドアの開閉に関係なく
点くはずですよねえ?まだ接触悪いのかな?

ミクシィコミュともども、よろしくお願いします!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/496-1d01a818

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。