タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチゴ狩だよ2010

SANY0712.jpg
昨日の日曜日は姉家族に誘われてイチゴ狩へと出かけた。
行先は埼玉の嵐山。幼児連れの日帰り旅行にはちょうどいい距離だ。



SANY0710.jpg
先に受付で人数分の料金を支払い(大人¥1,000/30分)、ヘタを入れる紙コップを受け取って
早速イチゴハンティングの開始。

普段あまりイチゴを喜んで食べないウチの子供たちも、「うまい!あまい!」を連発して
ブチンブチンと狩ってゆく。



SANY0708.jpg
僕がイチゴ狩をするのも子供の頃以来だが、食べることよりも今は栽培方法に興味津々。
プロの農家の仕事は当たり前だけど丁寧で手間かかってます。



CA391035.jpg
大きくてきれいな逆三角形のものよりも、こんな小さくて丸っこいイチゴのほうが
甘味が強い。葉っぱの陰に隠れたものはひんやりしていて美味しく食べられる。

制限時間30分は短いと思ったのだが、お腹いっぱい食べるには充分な時間である。
大満足で農園を後にする。



SANY0724.jpg
なんと、このイチゴ狩農園の目の前は「都幾川桜堤」という、ちょっとした桜の名所
となっており、満開だった。画像の右手奥のほうまで、延々と桜が続いている。

事前に弁当を調達していて大正解。桜の下で今年最高の花見ランチができた。
イチゴ食べたばっかりだけどね・・・。



SANY0738.jpg
その後、少しクルマを走らせて姉夫婦おすすめのとうふ工房わたなべへ。
画像は豆乳ソフトクリーム(レギュラーサイズ¥250)。左に突き出た小さいコーンを
スプーン代わりにして。
天気は思いのほかよく晴れて暑いくらいだったのでちょうどいい。

このあとも近所の川原で少し遊んで、渋滞を避けて早めに帰宅。
ブログに下手なオチもつけられないくらい、全てが「ちょうどいい」休日だった。
関連記事

コメント

何週間か前に、私もいちご好きの2歳児を喜ばせようといちご狩りを計画したのですが、もっと料金が高い上にWebページで「イチゴが足りないので、来ないでください。」とのメッセージが↓

ここは良さそうですね!

何故か「いちご狩り」「ぶどう狩り」といった言葉にひどく野蛮なイメージを持ってしまうのですが、これは俺だけですかね?
「狩り」のけものへんなんてものすごくワイルドな感じじゃないですか。

マッドマックスの悪党みたいなのが
「ヒャッハー!いちごだぁ!!」って・・・

ピータンさん>

特にイチゴの産地として有名でもなんでもないんですが、
逆に言えばそれを当て込んだ便乗値上げ等がないですからね。
穴場と言えるんじゃないでしょうか?
特に桜の時期はお得です。今週末はだいぶ花も散ってしまっているかも
しれませんが、お子さんと是非!

おんせんさん>

それ、すごくよくわかります。
「狩り」という言葉が、幅広い面で使われるからでしょう。

かと言って
「(イチゴ)食べ」「~食い」「~もぎ」「~収穫」などといった他の言葉も
なんだかしっくりこないから、そのまま使われてるんじゃないでしょうか。

関係ないけど、西東京市の新青梅街道沿いにある焼肉屋の看板に
『食べるレジャー』とあるんだけど、あれもなんだかすごく怖い・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/524-8c5aa505

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。