タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のGW・1日目

この連休は、家族と伊豆へ行って来た。
全日程を通して天気にも恵まれ、最高のリフレッシュができた。

一泊目はキャンプ。
昨年のGWは奥多摩でキャンプをしたが、そのときはバンガローに泊まったので、装備の面ではいくらかラクであった。
今回は初めてのテント泊。必要な荷物が載るかどうかが心配だ。


CA391099.jpg
できるだけ荷物を少なく工夫したつもりでも、この通り荷室は満杯。
トノカバーを外せばもっと載るけれど、306のトノカバーにはスピーカーが付いているし、後方視界や衝突時の安全確保のためにも外すのは得策ではない。

5月2日の朝5時半頃に自宅を出発、途中、東名高速の渋滞に多少巻き込まれながらもキャンプ場に行く前に寄ろうと思っていた河津七滝(かわづななだる)の駐車場に、ほぼ予定通り午前10時前には到着。

バスに乗り換え最も一般的な滝めぐりの散策コースの起点である「水垂」で下車して、そこから森の中を歩く。


IMG_2873.jpg
水路や吊橋などが点在する、全長1時間30分程度の快適な散策コースになっている。



IMG_2902.jpg
川端康成の小説『伊豆の踊り子』の舞台にもなっていることで、コース上に踊り子の「薫」と「私」の像が立っている。
ケータイで自分たちと滝を撮影するカップルとの、対比の図。



IMG_2904.jpg
小石を3つ投げて、1つでも大岩の上に載せることができれば願いごとが叶うとうたう、その名も「大岩(たいがん)成就」。
駄洒落かよ!ってツッコミましょうね、猛烈な勢いで。



IMG_2919.jpg
途中のみやげ物屋のそばにあったお面。うん、怖いね!



IMG_2932.jpg
それにしても新緑のまぶしいこと。これが曇っていたら、まったく印象が違っていたことだろう。



IMG_2965.jpg



IMG_2934.jpg



IMG_2912.jpg
同じ渓谷でも、奥多摩と比べてずいぶん景観に人の手が加えられているような印象を持った。
どちらがいいとか悪いとかということではなくて。


IMG_2939.jpg
出合滝(であいだる)。


IMG_2962.jpg
大滝(おおだる)の周辺は、近接の旅館の管理する温泉が点在、中には場違いな屋外プールなどもあって、少々興ざめである。



歩いて駐車場付近に戻ってくる頃には、ちょうど昼どき。
七滝茶屋にて、天城そばとかきあげの定食を注文。
IMG_2947.jpg


そばでほどほどに腹を満たしたあとに、デザートとして
IMG_2950.jpg
「苺三昧(生イチゴジュース&イチゴミルク&クラッシュドストロベリー)1,260円」を注文して、家族で分けて食べる(笑)。
茶屋を始める前から苺を生産していたのだそうで、なるほど大粒で甘い苺を存分に味わえる。



IMG_2954.jpg
河津では、桜、七滝の次に有名な(ホントか?)ループ橋を通り・・・



IMG_2975.jpg
この日の宿泊地、オートキャンピング村アドベンチャーファミリーに到着。



SANY0823.jpg
このキャンプ場では、テントを張る位置にスノコが設けられていた(全区画かどうかは未確認)。
雨が降ったときなどにはそのありがたみが増すだろう。



SANY0812.jpg
ハンモックを木にゆわえつけると、さっそく子供が嬉しそうに転がり込む。
乗りたがっていた隣のサイトの子供たちにも大好評であった。


SANY0808.jpg
テントやタープなどの設営をひととおり終えたところで、魚採り用のワナ・セルビンを取り出す。
ペットボトルの上部を切って、テープで反対に貼り付けて魚が入りやすくて出にくい仕掛けにしてある。
この中に魚肉ソーセージなどのエサや重し用の石などを入れて、キャンプ場そばの川に沈めるのだ。



SANY0810.jpg
いかにも効果ありそうな大岩の下に仕掛けたのだけど、今回は不漁であった。
派手な赤いテープがいけなかったか、エサか、はたまたポイントが悪かったのか・・・



SANY0811.jpg
すぐ近くにシカの足跡を発見。
事実、夕飯後に出かけた温泉施設からキャンプ場に戻ってくる途中、シカの群れと道路で鉢合わせた。ちょっとしたナイトサファリである。
キャンプ場周辺はタケノコも無数に生えているので(キャンプ場利用者は掘って持って行っていいらしいのだが、掘ったあとにすぐゆがくことの大変さを知る我が家としては、タケノコ狩りは今回は見送ることにした)、それを狙っているのかもしれない。



CA391106.jpg



IMG_2970.jpg
実はこの日は自分の(37回目の)誕生日。
シフォンケーキを持参、家族全員でクリームをホイップ&デコレーションして祝ってくれた。
見てくれはアレだけども(笑)、幸せですハイ。



CA391103.jpg
そうこうしているうちに夕飯の準備。
バーベキューコンロを車に載せるスペースがなく、鉄板と網だけ持ってきた。
かまどがあることを期待していたのだけど、なかったのでそのへんにあった石で代用。
直火禁止なので鉄板の上に炭を載せて火を熾す。



IMG_2983.jpg
メニューはハヤシライス。米もうまく炊けて、なかなかの味。

先述したとおり、夕飯後は河津町営の日帰り温泉施設・踊り子温泉会館でひとっ風呂浴びる。
河津町内の宿泊施設利用者は、入浴料が半額になる。これは嬉しいサービス。



IMG_2998.jpg
盛りだくさんの1日目の夜が更けていく・・・

関連記事

コメント

キャンプ楽しそう!

今、正に連れて行かねばという時期ですね。
良い思い出を作ってあげたいものです。
よーく遊ばせないとテントって興奮して寝れないこともありますが、大丈夫だったでしょうか?

子どもたちにも危なくない程度に役割を持たせてやって、
できたら褒めてあげると教育的に非常に効果があります。

yutaka-sさん>

たしかにおっしゃるとおりかも。
今にして思えば、もっと本人の自由にまかせて役割を持たせるべきだったかな、
と。
限られた時間の中ですと、結局自分がやってしまったほうがストレス少ないし
確実ですからね。その辺も含めて次回はもう少し余裕を持ってキャンプに
のぞみたいと思います。

あ、息子は即眠りについてました・・・

誕生日おめでとう

キャンプなのにデコレーションとろうそくは愛情感じるなぁ。
今や直火OKのキャンプ場は数えるほどになりましたね。ちょっと残念。

たまきさん>

> デコレーションとろうそく
その準備のかげで僕はひたすら1人で設営でしたよ(泣)。

直火OKのキャンプ場ってそんなに少ないんですかー。
石でかまどを作るのも楽しいのになあ。
次は火おこし器にチャレンジしたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/533-de59ca2b

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。