タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草へ・前編

才能あふれるこの私が、困ったことに仕事が忙しくならない。
本来なら営業すべきなんだろうが、この空き時間を利用して浅草へ行くことにした。
ある筋から「東京の風景を撮って欲しい」と頼まれているからである。


IMG_2805.jpg
全て自転車で。久々登場のドッペルギャンガー。でも最近は割りと出番が多い。

浅草へのルートは、難しく考えずに、とにかく春日通りをまっすぐ。
途中オモシロそうなところがあれば寄ってみよう。

うしろは護国寺の仁王門。
まずはここから寄り道することにした。


※今回は写真が多く、前・後編に分けて記事にします。しばしお付き合いのほどを。


IMG_2736.jpg
この門の両脇に立つ金剛力士像が思いのほか見ごたえがあった。


IMG_2735.jpg
門自体は元禄時代かそれ以降に建立されたもののようだ。
特に文化財の指定などはないようである。


IMG_2761.jpg
あまり大きくない大仏も。


IMG_2763.jpg
後ろ姿がなんだか可愛いらしくて。


IMG_2773.jpg
扉の細工穴。こっち見るな。


IMG_2775.jpg
こっち見るなパート2。
護国寺では他にもいっぱい写真を撮ったが、ここでは割愛。先を急ぐ。


IMG_2813.jpg
おやおや?


IMG_2822.jpg
これはまたケッタイな。


IMG_2815.jpg
他にもこんな一角獣。

なんでも、文京区の「彫刻のあるまちづくり事業」の一環で、区とドイツのカイザースラウテルン市が姉妹都市提携のシンボルとして同市在住のルンプフという夫妻の作品らしい。

IMG_2821.jpg
石と木でできたベンチに座ってひと休憩。
ひんやりして気持ちがよろしい。


IMG_2826.jpg
おやおや?パート2。
ケッタイなクルマ発見。その名をオーテック・ザガート・ステルビオ。
調べたら、ベースは日産レパードなのにイタリアンの力を借りて新車価格1870万円だって。
バブルにもほどがある・・・。


IMG_2840.jpg
後楽園にて。
怖い。誰も乗ってない。


IMG_2845.jpg
丸の内線の好ビューポイント。


IMG_2849.jpg
本郷4丁目にて。
ツタが室内に・・・怖い。


IMG_2850.jpg
スタジオ・ジブリっぽい風景。


IMG_2851.jpg
こちらは言語学者の金田一京助と息子であり国語学者の春彦の旧居跡。
実はこの菊坂周辺は、多くの文人が好んで暮らした土地なんだそうだ。


IMG_2863.jpg
これは誰の住まいということでもないけど、こういう生活臭のする風景が好きだ。


IMG_2874.jpg
このグレーの建物(現在は歯科医院)の位置には、宮沢賢治が住んでいたという。


IMG_2875.jpg
こういう風景に出合うと、思わず「おー」とか声に出してしまう。


IMG_2876.jpg
階段を降りて、振り返ったところ。


IMG_2877.jpg
少し引いたところ。
実はこの井戸を挟んだ両側の家には、かつて樋口一葉が住んでいた。
最初は向かって左の家→右の家に移った。
今は普通に個人宅になっている。この井戸は樋口一葉も使っていたらしい。


IMG_2869.jpg
このように、頭の良い人が好みそうな散歩ルートは事前に調べて来たわけではなくて、本当はたまたま寄ったこの肉屋さんで「本郷菊坂文人ウォーキング」マップ(200円)を入手したから。


IMG_2871.jpg
店の軒先に立つノボリの「菊坂コロッケ」に惹かれたのである。
店のベンチに座って早速コロッケをほおばる。うまし。でもこれで本日のランチは(結果的に)終了。
コロッケ1個だけの客にも係わらず、熱いお茶をいただく。感涙。


IMG_2887.jpg
渋いたたずまいを見せる寺を発見。


IMG_2890.jpg
苔と土のグラデーションが美しい。


IMG_2891.jpg
手入れが大変そう。


IMG_2892.jpg
鐘楼もいい感じ。


IMG_2901.jpg
竹で作られた塀。


IMG_2894.jpg
景観にすごく気を配っているのがよくわかる。


さて、そろそろ先を急がなきゃなーと思いペダルをこいでいくと、またまた寄り道ポイントが。


IMG_2915.jpg
旧・岩崎邸庭園である。
江戸時代には越後高田藩榊原家の中屋敷で、明治時代初期に牧野弼成邸となり、後に三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎が邸地を購入、弥太郎の息子・岩崎久弥が洋館を建てたといわれる。

広大で手入れの行き届いた芝生。都会の別天地である。
なお、建物内は撮影禁止。残念。


IMG_2919_20100715233838.jpg
振り返って洋館の南側を見る。
イギリスの建築家ジョサイア・コンドルが設計とのこと。


IMG_2922.jpg
この洋館の列柱と、奥に見える純和風の館のギャップ!
狂ってる・・・

ちなみに和館では抹茶などを飲んでひと息入れることができる。


IMG_2936.jpg
これは「撞球室」。つまりビリヤード場である。外から眺められるので撮影。
庭園に独立して建っているのは、極めて珍しいのだそうな。
しかも、洋館とは地下通路でつながっている!狂っ(ry


IMG_2931.jpg
洋館と撞球室の位置関係。


IMG_2943.jpg
入場券売り場の裏に立つ銀杏の巨樹。
樹勢も旺盛で風格がある。


IMG_2949.jpg
いやはやとにかくこの洋館の中は是非一度見ておくことをおすすめする。
ドアのノブや蝶番、暖房器具から壁紙から階段の手すりまで、「贅を尽くすのってターイヘン!」と思わずにいられない。2階の奥にあるトイレがまたお洒落なんだけど、ここまで広い屋敷なのにトイレが狭いのがいかにも日本的。
入場料400円也。


・・・というわけで本日はここまで。次回へと続きます。

はぁ。寝よ。
関連記事

コメント

ぶらり自転車の旅、最高に楽しめます。後半も早急にうっぷ希望!

今度私も輪行したいので一緒に都内散策しましょう。
(暑くない時期にお願いします)

堪能しました。
面白いなぁ。写真が素晴らしいのは、もう当たり前なのだけど
何を撮るか、どう撮るかが面白い。
個人的には「振り返ったところ」「少し引いたところ」と
苔の写真がツボでした。
僕もこれから写真を撮った後「ゲットした!」と思わず
更に振り返ったり、引いたり、這いつくばったり、もんどりうったりして
もう1枚撮ると、新しい世界が待っているかも。

すぐに後編に突入しないで間に「中編」をはさもうよ・笑

ヒマなら

岐阜に来て仕事してよ。

その才能を発揮してください!期待してるから←プレッシャー

yutaka-sさん>

何言ってるんですか、暑い時に走るからビールが旨いんじゃないですか!

っていきなりつっかかってごめんなさい。
肺活量ないんでギアがついていても長い上り坂ではもれなく手押しに
なりますが、それでもよければ。もちろん涼しい時期にね。

「輪行」ってちょっと淫靡な響きがしませんか?笑
かといって「ポタリング」っていう言葉をひょいと使うのも何だか気恥ずかしい・・・(自意識過剰)。
普通に「サイクリングサイクリング やっほーやっほー」でいいんですかね。

たまきさん>

ありがとうございます。
助言どおり前編と後編のあいだに踊り場をつくりました。

前にも言ったかもしれませんが、やっぱり絵を描いていたせいか
構図を何より重視してます。
それによって決定的チャンスを逃がすことも多いのですが・・・。
デジタルで撮るようになって、つまりトリミングが容易にできるようになってからは
他人に見せるということを特に意識して撮るようになりました。
ブログやるようになってからは尚更ですね。
たまきさんにブログ開設を勧めてもらい、感謝してます。

ゾーゾーさん>

発揮しちゃうよー。
どうなってもしらないからね!笑

つーかゾーゾーパパが娘にデレデレしてるところを早くみたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/555-b2332430

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。