タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 墓対決! on お盆

不謹慎なタイトルで恐縮です。

前回の記事のホイール塗りは実家でやっていたのだが、上塗りのクリヤーを全て吹き終わり、汗と有機溶剤でドロドロ状態になっていたときとかに、よく父親から言われることってありますよね。

「わりぃ、墓参り、行ってくれるか?」

ご先祖様のためならどんなに疲れていてもそりゃ行きますわな。


雑草を抜き、水をかけて花を生けて終了。
蚊取り線香で拝むのはどうかと思うよ、親父。


翌日からは、家族と、青森から遊びに来ている義妹と甥っ子と共に、義母の実家のある千葉へ。
この家は農家である。写真は以前、牛を飼っていた牛舎。ただ現在は牛もいないし、米作りも細々と続けてはいるが専業ではない。
CA391386_20100817212941.jpg
306にはとてもじゃないが全員乗れないので、今回は義兄からトラヴィックを借りる。
いやー、悔しいけどミニバンって便利。

・・・って家族には思われてることだろう。実際僕もそう思う。
元はドイツ車(オペル・ザフィーラ)だというのに306より小回りが利く・・・。


SANY1146.jpg
千葉の墓は田んぼに囲まれている。
土葬の墓もあれば、どの墓前にもキュウリやナスを細かく刻んだものがお供えしてあったりと、都心の墓地ではあまり見られない光景であった。


SANY1164.jpg
庭にいたモリアオガエル。
子供たちと追っかけっこして遊んだ。案外、ご先祖様だったりしてね。


CA391388.jpg
門の前で焚かれる送り火(おくりっぴ)。
行く前はちょっと腰が重いけど、やはり墓参りをすると気持ちがすっきりする。
節目で区切っている気持ち良さ、みたいなのもあるのかも。


海水浴にバーベキュー、ザリガニ釣りに花火と、しっかり夏を満喫した週末であった。
関連記事

コメント

申し訳ありませんが

1枚目の写真滅茶苦茶写ってます・・・

で、日曜日はどうすんの??

ゾーゾーさん>

そりゃー御影石をピッカピカに研磨してあるからね。
景色の映りこみはすごいよ。

しょうがないからメッセしましたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/566-2346c686

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。