タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的F1観戦記・2

IMG_4672_20101013205901.jpg
明けて日曜日はうって変わって朝から快晴。
道の駅に停めた車中で目覚めたときは、「やった!」と思わず声に出してしまいそうなくらい嬉しかった。

C2席からパノラマ撮影。実際の視界よりも遠近感が強調されすぎているけど、右手奥のストレートのブレーキングから1~2コーナー、そして左手奥のS字までかなり広い範囲を見渡すことができる。

この日は予選と決勝を1日に行うので、観戦に集中するためにも朝のうちにお土産を買い、手荷物預かりサービス(600円)に荷物を預けておく。

今回は写真を中心にお送りします(何しろ土曜日の雨では一眼レフで撮影はできなかった・・・)。
あ、あと予選・決勝のリザルトについても触れないでおきます。F1好きならとっくに結果を把握してるでしょうし、なにより書くのが面倒なので。そういう男です、私は。

IMG_4677.jpg
マッサ・ギャルズ。

IMG_4713.jpg
そんなこんなで予選が始まる。
何度かコースチェックに入るセーフティーカー。

IMG_4943.jpg
アロンソ。

IMG_4950.jpg
ハミルトン。

IMG_4965.jpg
やっぱり速いベッテル。

IMG_5225.jpg
皇帝さん。

IMG_5353_20101013210732.jpg
ウェバー。

IMG_5266_20101013210732.jpg
予選惜しかったねー、の可夢偉。

IMG_4991.jpg
ちなみに僕らの席は可夢偉応援席のすぐ隣だった。

IMG_5394_20101013210732.jpg
予選のあとではポルシェのレース。

IMG_5457.jpg
アイルトン・セナ生誕50年記念のデモ走行。
ロータス97Tに乗るブルーノ・セナと、ロータス78に乗る佐藤琢磨がゆっくりと2周した。

IMG_5482.jpg
決勝の1時間半前のまったりタイムに始まった、ドライバーズ・パレード。
ベッテルは手を振りつつ観客をiPhoneで撮ってます。

IMG_5485.jpg
ハミルトンはメッサーシュミットで。
「かつて自国を苦しめた戦闘機メーカーのクルマに乗るなんて!」とおんせんさん。楽しんでるなぁ・・・

IMG_5494_20101013210833.jpg
アロンソはフェラーリで・・・

IMG_5498.jpg
マッサがフィアット(ディーノスパイダー)というのもちょっと複雑・・・。
風船が余計に寂しげ。

IMG_5518.jpg
大歓声の可夢偉さん。
車両のオーナーも至福のときだったろうなあ。

IMG_5557.jpg
いよいよ決勝間近。
メルセデス・ベンツSLA AMG。
車両はもちろん維持費その他すべてFIA無償提供されるんだそうだ。
世界中の視線が集まるんだから、安い広告費なのかもしれない。

IMG_5557b.jpg
ドライバーのベルント・マイレンダー。
2000年からセーフティーカーのステアリングを握り、ミスらしいミスがない。
きっとこの人の胃袋はチタン合金製で出来ている。

IMG_5571.jpg
で、ついにスタート!と思いきや・・・あら?

IMG_5574.jpg
あらら?

IMG_5581.jpg
あららら?

IMG_5587.jpg
スタート直後の4台もの一斉クラッシュで、世界から絶大な信頼を寄せられている鈴鹿のコースマーシャルさんたちも大忙し。

IMG_6173.jpg
大量リタイヤで単調なレース展開になるかと思ったが、このフル参戦1年目のルーキーが1人でレースを盛り上げてくれた。

IMG_6217.jpg
僕らも現地で土曜日の大雨を経験したからこそ、彼の活躍はいっそう輝いてみえる。
もちろんレース後も各方面から大絶賛の嵐だ。国内から大手スポンサーもつくかもしれない。前途は明るい。

IMG_6239.jpg
ゴール、そして表彰式と淡々と進行するにつれ、どんどん日が暮れていく。

IMG_6243.jpg
渋滞を避ける狙いもあるが、こうしてスタンドに座って空の色が変わるのを見ながら余韻を味わうのもいいもんだ。

IMG_6262.jpg
グランドスタンドに移動して、さらに余韻を味わう。
オーロラビジョンにレースのリプレイ映像を流してくれる。このゆとりあるサービスは素晴らしい。

IMG_6256.jpg
レース後の車検だろうか、マシンが見える。2階にはプレスルームか?

今回、ひと様のチケットを頂戴して初めてF1観戦をしたわけだが、やっぱり生で観るのとテレビで観るのとでは大きな違いがあった。
そりゃ、テレビのほうがレース状況も把握しやすいだろうし、冷たい雨に濡れることも、懐が寒くなることもない。
けど、一丸となって盛り上げようと努力する鈴鹿の雰囲気や、往復の道中の高揚感・疲労感も含めて楽しい「お祭り」なんだということが分った。
自費で行くとなるともう少しグレードの低い席になるかもしれないが、機会があればまた行ってみたい。

おんせんさん、諸々ありがとうございました。
近々、カーペットのコースで会いましょう。
関連記事

コメント

F1はやっぱり生です。

スプーンの頂上から見る朝の伊勢湾、
ホームストレートから徐々に近づく爆音、
スタート直後の大混乱を一気に減速して加速してゆくヘアピン、
あり得ないスピードでブチ抜けてゆく130R、
歓喜に包まれるゴール直後のグランドスタンド、
夕日の落ちるシケイン、、、、
ぜひ、来年も生で見る事をお勧めします。
また行きてー、鈴鹿。

ちなみに今年は土日とも仕事でテレビすら見れませんでした。

日本GPが最終戦の時は決勝後の夜にピット前にいると
何処からともなくエンジン花火大会が起こってほんとお祭りでした。

写真うまいっす!

やはりロータス78は美しい…

さぶろうさん>

最後の1行だけでいいっす!笑

そっかあ、僕も色んなコーナーから観戦してみたいです。
なんだか遊園地や周辺住民まで含めて、F1を愛してるなぁという雰囲気が
伝わってきたのが良かったです。
仕事の予定が直前まで立てられないと、ツライものがありますよねえ・・・

こばちさん>

「やはり」ということは・・・赤いペガサスですか・・・。
実は読んだことないんだよなー。

近くに住んでるんですけどねぇ。

F1一度は見たいと思ってるんですけど、にわかファンにはチケットの金額がネックになって。
金曜のフリーが今回スゴク良かったって聞いたんで、来年は4000円コース行ってみたいと思います。

itamonoさん>

金曜日はグランドスタンドなどの一部を除いて好きなエリアで観戦
できますからね、僕もできれば金曜日から行きたかったです。
にわかファンだろうとなんだろうと楽しんだ者勝ちですよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/574-18a369f5

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。