タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「割り切った考え」で国を汚して「個人的に謝罪」

ニュースサイトを見ていて、我が目を疑うような記事が。


原発設計「想定悪かった」原子力安全委員長〈←クリックするとYOMIURI ONLINEのページが開きます〉

『 政府の原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は22日の参院予算委員会で、東日本巨大地震による東京電力福島第一原子力発電所の事故に関し、「(原発設計の)想定が悪かった。想定について世界的に見直しがなされなければならない。原子力を推進してきた者の一人として、個人的には謝罪する気持ちはある」と述べ、陳謝した。

 社民党の福島瑞穂氏の質問に答えた。

 班目氏は2007年2月の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)運転差し止め訴訟の静岡地裁での証人尋問で、非常用発電機や制御棒など重要機器が複数同時に機能喪失することまで想定していない理由を問われ、「割り切った考え。すべてを考慮すると設計ができなくなる」と述べていた。福島氏はこの証言を取り上げ、「割り切った結果が今回の事故につながった」として謝罪を求めた。

 班目氏は「割り切り方が正しくなかったということも十分反省している。原子力安全委員会は原子力安全、規制行政に意見を言う所だが、抜本的な見直しがなされなければならないと感じている」と語った。

 これに関連し、菅首相は22日、首相官邸に班目氏や経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長ら関係機関のトップを呼び、連携を密にするよう指示した。

 班目氏は首相と会談後、記者団に「(首相から)もっと連携を良くしろ、と怒られた」と語った。首相周辺は「事故対応の役割分担についてすり合わせをした」としている。
(2011年3月22日20時26分 読売新聞)  』


このような無責任にもほどがある答弁をする人間が、原子力安全委員長だという。笑うに笑えない。
今、マスコミに踊る放射線量の数値、海水の放射性物質の数値をどうやって信じればいいのだろう。
放射能汚染はその事故を起こした国だけの問題ではない。謝罪などいいから、一刻も早く国内の全ての原発を徹底管理のもとで停止するよう働きかけてもらいたい。

最後に、原発に関心ある人もそうでない人も、1度だけでじゅうぶんですので、下記のリンク先の文章を時間があるときにじっくり読んでください。平井憲夫さんという、数々の原発工事に携わった技能士の方のわかりやすい談話です。おそらく1995~1996年頃に書かれたものだと思われますが、今の原発事故の状況とピタリと符号します。

原発がどんなものか知ってほしい」〈別ウィンドウで開きます〉

この文章で何を感じるか、どう考えるかはもちろん個人の自由。ただ、僕は単純にこう思う。

原発ある限り東北の真の復興はあり得ない、と。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/588-707a031a

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。