タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気になる

パパ友のSさんが、原発がらみで福島に一年間、単身赴任することになった。
彼は「おやじの会」のメンバーでもあり、僕と息子も過去3回参加している「子どもキャンプ」のベテラン参加者で、昨年チーフリーダーに指名されたばかり。人望も篤いので、彼がいなくなってしまうと困る地域の団体が、他にもいくつかある筈である。

その彼に、「突然ですが子どもキャンプのチーフリーダーをやってくれませんか?」と打診された。
30年以上も続く歴史のあるキャンプ、たった2泊3日とはいえ大人・子ども合わせて120人以上の大所帯になる団体である。自分にはハッキリ言って、荷が重い。しかしそれはSさんも承知の上だ。

このメールをもらったときは少し迷ったが、
「せっかくの世代交代の流れ(ちなみにSさんの前任のKさんは20年以上もリーダーを務めてきた)ができてきたのに、ここで後退させてはもったいない」というSさんの気持ちを、ここで僕が蹴ることはできないと思ったので引き受けることにした。

引き受けた以上は子どもたちに楽しんでもらえるよう、安全に気を配りつつ全力を尽くしたい。
それに・・・印刷物関連は昨年末から引き受けていて、チラシやらしおりやらは既に僕が年明けからコツコツと作り直していたので、どちらにしろ今さら手を引くわけにはいかないところまで来てしまっているのだ(笑)。


さて・・・
前置きが長くなったが、『JR九州新幹線全線開通』のCMをご存知だろうか。
新幹線の開通前日に大震災が起こったために放映を自粛していたが、Webで公開したら「元気になる」とのことでネットでは一時話題になっていたという。





僕も何度かこのCMをパソコン上で見ていたが、見れば見るほどぐっとこみ上げて来るものがあり、3回目くらいのループ後に「・・・よし!やろう!!」という気にさせてくれるチカラがある。

押し付けがましくなく、消費者を自然に参加させているところが巧いし、それを嫌味に感じさせない音楽と、編集の技。レインボーカラーが映えるよう、周囲が冬枯れの時期に撮っていることも計算されている。
物を売る、宣伝するだけが広告じゃないんだなあ、と改めて気づかせてくれるチカラがある。

他にもいろんなバージョンがあり。

このCMをDVDにして一枚1,000円で販売し、売り上げの一部は東日本大震災の義援金になるんだそうだ。
JR九州、九州新幹線全線開業CMをDVD化-未公開特典映像も
ちょっといいかも・・・。

新幹線を自分に置き換えてみると、まるで多くの見知らぬ人たちが自分を励ましてくれているかのように見えてくるこのCM。大震災前後に咲いた、数少ない一輪の花、なのかもしれない(なーんちって)。
関連記事

コメント

元気になりますね。

私も数回ループしました。(笑)
なかなか良いCMだと思います。
こちらにいると気が沈みがちですが、
元気にさせられるCMですね。

t.さま>

ループしましたか。いいですよね~
参加した人には、「自分がどこに映ってるか」とあとから探す楽しみもあっていいですね。
個人的にはこの映像でのMVPを、1:09あたりに出てくる野球少年にあげたいと思います(笑)。

見た!見た!

震災の後、僕も何回も見ました。
このビデオ。

>まるで多くの見知らぬ人たちが自分を励ましてくれているかのように見えてくるこのCM。

そうか!僕も元気をもらうために見ていたんだなぁ。
いいよね。

たまきさん>

人は、人が頑張ってる姿に弱い、というか心を打たれるのかもしれませんね。

話のタネに、とDVDを予約してしまいました…(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/602-85da693e

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。