タニシの煮こみ

気になることを煮こんでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mini-z abarth500

このごろは、サーキットと言えば実際の車ではなく、もっぱらラジコンを走らせている。
ミニッツレーサーというお手軽かつ奥の深いラジコンは、もちろん実車を走らせることとまるっきり比較できるわけではないが、自動車趣味という幅広い分野で見れば多くの要素が共通し、しかも「リスクなく」楽しめる素材であることは確かである。


abarth500.jpg
これは、今年の春に京商から発売された ABARTH 500 ASSETTO CORSE のボディ。
大人の手の平に載るサイズのミニラジコンで、ここまでフォルムが再現されているのがミニッツの特長。


そして、ミニッツの最大の魅力?と思われるのがホワイトボディの存在。
CA392008.jpg
世界で1台のオリジナルボディを走らせる楽しさは、実際にやってみないとわからないかもしれない。しかし1度でもその魅力を知ってしまうと病みつきである。
プラモデルとほぼ同じ要領で塗装できるが、完成品と同じデカールは付属しないし、メッキパーツもホワイトのまま。その分、完成ボディの半分くらいの価格に設定されている。

で、自分も1枚目の画像の完成ボディを購入してしばらく走らせていたが、もっと派手なカラーリングのボディを作りたいという衝動に駆られてきた。

さて・・・どんなカラーリングにするか・・・?
この考える時間が実は一番楽しい。


P1.jpg
一番最初に出たイメージは、こんな感じのガルフ・カラーだった。
なんか真面目すぎません?このデザイン。


newAbarth500_esseesse_Polizia2.jpg
このイタリア警察カラーのビビッドなブルーもいいかも。
でも、POLIZIAロゴは自分で作る必要がある。


200891717334_131abarth4oj.jpg
で、結局決めたのが、この131アバルトラリーのような「OLIO FIAT」カラー。
このスクウェアな車のカラーリングをアバルト500のような丸っこいデザインに着せるとどうなるか?というどーでもいいテーマと、デカールが手に入るという単純な理由。


CA391933.jpg
いきなり黄色です。
僕のミニッツ師匠でもあるおんせんさんのアドバイスにより、サーフェイサーの代わりに「ミッチャクロン マルチ」という缶スプレーを軽く吹いてから黄色をエアブラシで塗装。淡い色を先に塗るのが基本。


CA391934.jpg
そしていきなり手順ミス。
デカールを貼るスペースの関係で、もともと空いていたミラー用の穴を一旦パテで埋め、後ろ寄りに穴を空け直す。こういう作業は塗装前にやるのが基本。ラリーカーだから、クルーは前後配分最適化のために後方に搭乗する、という設定で。
そして、左下にチラっと見えるマスキングテープのカッティングラインの怪しさに
「ニヤッ」とできるあなたとは、いいお酒が飲めそうです。


CA391940.jpg
なんとかツートンカラーとつや消し黒を塗り終わったところ。ダークブルーは青、赤、黒、白などを混ぜた。案の定、マスキングのラインがいい加減だが、後でタッチアップでごまかせばいいので焦らないのが基本。


CA391958.jpg
な、なんということでしょう!
デカールを貼り終えて、ウレタンクリアーを調子よく吹いてたら、硬化が始まってツブツブ状に!
しかもレギュレーターなしのエアブラシ環境のせいで、水分まで噴出!あ~もったいない・・・。

こうなるといったんやる気をなくして、放置するのが基本。

1週間後くらいにやれやれと作業を再開すれば、しっかり乾燥できていて塩梅がよろしい。
焦ってフォローしようとするとそれこそ取り返しがつかないことが多い。

ここから塗膜を傷つけないよう、ひたすらペーパーがけとコンパウンドがけに集中して・・・


CA391961.jpg
なんとか完成!

CA391965.jpg
現物を近くで見ればアラはあちこちにありますが、まぁ見られるようには何とか。
やっぱり時々こういう細かい作業をすると、楽しい。


CA391969.jpg
さっそく息子と2人でショップに出向き、コースデビュー。
黄色のおかげで視認性もよいし、精悍なイメージと丸いフォルムのギャップが気に入った。
ショップのHPにも載せてもらいました(Collection>Mini-zオリジナル塗装Vol.7)。ブラックじゃないんですけど・・・まぁいいか。


CA391970.jpg
この日、完成品ボディのほうを息子に貸していたら、コースアウト&クラッシュでリアスポイラーが破損。ま、まぁしかたないよね・・・。


CA391971.jpg
このまま接着したのではまた折れるので、折れた断面にピンバイスで穴をあけて・・・


CA391972.jpg
真鍮線をピンにして補強する。


CA391973.jpg
完璧ではないが、これでしばらくは大丈夫なはず。


横転を得意とするあなたも、ミニッツなら最小限のダメージでエンジョイできること間違いなし!
関連記事

コメント

さっそくUPおつかれさま~!(笑)
完成したらまた走らせにいきましょ!

ゾンターさん>

ポルシェがんばって作ってね。
・・・で、その後はアバルトだね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tanikomi.blog45.fc2.com/tb.php/603-677e3330

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

タニシ

Author:タニシ
40代/男/東京都在住
絵を描くこと/写真を撮ること/何か物をつくること/音楽を楽しむこと/映画を観ること/家族を愛すること

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。